安全の大切さと競技の魅力を広めたい団長安田さんがトライアスロン世界大会へ挑戦を表明 クラウドファンディングを開始 

  • 一覧
集まった資金でトライアスロン世界大会を目指す Photo: クラウドファンディングページから集まった資金でトライアスロン世界大会を目指す Photo: クラウドファンディングページから

 お笑いトリオ、安田大サーカスの団長安田さんがトライアスロンの世界大会へ出場すべく、資金を募るクラウドファンディングを開始した。

 団長安田さんはクラウドファンディングで集めた資金の用途についてウェブページで「世界大会に出場するために必要なポイント獲得へ向けた大会の参加費用、交通費やコーチの費用に充てる」と説明。また、落車事故で重症を負った経緯を踏まえ「安全性を高めることの重要性と、トライアスロンの楽しみや魅力がクラウドファンディングを通して広まってほしい」と述べている。

落車直後の写真を見せる団長安田さん(左)。右はクロちゃん Photo: Syunsuke YAMADA(SANSPO.COM)落車直後の写真を見せる団長安田さん(左)。右はクロちゃん Photo: Syunsuke YAMADA(SANSPO.COM)

 団長安田さんは2015年7月にトライアスロン大会参加途中、自転車のパートで転倒し、前頭部を強打し緊急搬送された。その後、自転車の活動に復帰。「事故は僕の不注意で起こったこと。危ない、怖いというイメージを払拭したい」とコメントしている。現在はヘルメットの推奨や自転車の安全運転を広める運動を行っている。

 クラウドファンディングの目標金額は50万円。6月30日までに資金が集まるとプロジェクトが成立し、決済される。1000円から30万円までのプランがあり、団長安田さんからの応援メッセージやオリジナルグッズなどが金額に応じてリターンされる。

関連記事

この記事のタグ

トライアスロン 団長安田

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載