バイクインプレッション2016「SPECIALIZED TARMAC SPORT」 上位モデル譲りのスタイルと性能が魅力のカーボン入門機

  • 一覧

 アメリカを代表する総合スポーツバイクブランド、スペシャライズド。レースからエンジョイまで、用途に合わせた車種が豊富に揃い、お気に入りの1台が選べるスペックのバリエーションも魅力だ。今回試乗したのは万能タイプのロードバイク、「ターマック」シリーズのエントリーグレード「ターマックスポーツ」だ。FACT 9rカーボンフレームとシマノ・105を組み合わせた、安定感と推進力を両立するオールラウンドタイプの優良モデルだ。

SPECIALIZED TARMAC SPORT(スペシャライズド ターマックスポーツ) Photo: Masami SATOUSPECIALIZED TARMAC SPORT(スペシャライズド ターマックスポーツ) Photo: Masami SATOU

SPECIALIZED TARMAC SPORT(スペシャライズド ターマックスポーツ)
価格:216,000円(完成車、税込)
サイズ:49、52、54、56、58
カラー:GLOSS WHITE/NAVY/BLACK、GLOSS MONSTER GREEN/ROCKET RED/TARMAC BLACK、SATIN CARBON/WHITE/RED
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン https://www.specialized.com/

スペック

フレーム:Specialized FACT 9r carbon, FACT construction
フォーク:Specialized FACT carbon, monocoque
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 52×36T、 11-28T(11s)
ホイール:AXIS 2.0
重量:8.2kg(54サイズ完成車実測値)

高剛性なFACTカーボンファイバーを採用したカーボンモノコックフォーク Photo: Masami SATOU高剛性なFACTカーボンファイバーを採用したカーボンモノコックフォーク Photo: Masami SATOU
FACT 9rカーボンを採用したカーボンフレームはシンプルに見えて、シートステーの太さや形状をはじめ、細部まで作りこまれている Photo: Masami SATOUFACT 9rカーボンを採用したカーボンフレームはシンプルに見えて、シートステーの太さや形状をはじめ、細部まで作りこまれている Photo: Masami SATOU
ボリュームのあるダウンチューブはヘッド側が最も太い。ケーブルは内蔵式を採用 Photo: Masami SATOUボリュームのあるダウンチューブはヘッド側が最も太い。ケーブルは内蔵式を採用 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 「ターマック」といえばスペシャライズドの代表格といえる車種。グランツールを走るモデルで、どのサポートチームもメーン機種として採用しているね。

松尾 その「ターマック」の末っ子にあたる「ターマックスポーツ」は、上位機種のS-Worksに重量面や剛性感は及ばないものの、スタイリングだけでなく、扱う上での性格がとても似ているのが特徴的です。ハンドリングやバランスが良く似ていて、コストパフォーマンスに優れたバイクでした。

米山 うん。全体の印象はハイエンドのターマックと共通して、軽くて硬いという特徴が際立っている。フロントが軽いから振りやすいんだよね。

松尾 そうですね。上りでの軽快さは当然ながらS-Worksのほうが上ですが、スピードが上がってからも路面を這うような安定感が持続していましたし、推進力も両立しています。

米山 踏み心地も良く、気持ち良くパワーがかかるよね。硬めなので衝撃はそこそこ拾うけど、レース系バイクとして考えれば不快に思うレベルではない。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 はい。それなりに振動は伝わりますが、安定感が高いので車体のブレは少ないです。「ターマックスポーツ」は、これといった尖った面は無いんですが、すべての項目が平均点以上のバイクでした。値段を考えると素晴らしい性能です。

米山 うん。予算20万円台前半でオールラウンダーなフルカーボンバイクを手に入れたければ、とても有力な選択肢になるだろうね。

松尾 ええ。主なコンポが11速の105なので将来的なアップグレードも開けていますし、ブレーキやクランクがサードパーティ製ですが、特に性能に不満もありませんでした。しいて言えば、カーボンホイールに履き替えて試してみたいと思いました。恐らく国内のレースシーンでもバリバリ活躍できるバイクになるでしょう。

米山 そうだよね。サードパーティ製のパーツもミックスされているものの、価格に関しては何か間違っているのではないかと思うくらいのハイコストパフォーマンス。お買い得度はとても高いし、走りも不足はないよ。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク

20~30万円 カーボン スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載