自転車旅を豊かに彩る“食”「しまなみ海道」の絶品グルメ&おしゃれカフェ 林檎蜜紀さんが訪ねた素敵なお店

  • 一覧

 広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」は、整備された自転車道路や、島々と大きな橋の風景などが人気の“サイクリストの聖地”。憧れの地を初めて走ったモデルでコスプレイヤーの林檎蜜紀さんが、「ひとつひとつのクオリティの高さに驚いた」という、名物グルメやおしゃれなカフェをご紹介します。

しまなみ海道でサイクリングとグルメを満喫したモデルの林檎蜜紀さん ©Mitsuki RINGOしまなみ海道でサイクリングとグルメを満喫したモデルの林檎蜜紀さん ©Mitsuki RINGO

◇         ◇

「いつかは行きたい」を実現

 皆さま初めまして、林檎蜜紀です。普段はモデル、コスプレイヤーとして活動していますが休日はホビーサイクリストとして自転車を楽しんでいます。漫画「弱虫ペダル」でロードレースに興味を抱いてロードバイクに乗り始め、最近は自転車のレース・イベントでのMCや、自転車雑誌でも活動しています。今年2月には自転車競技連盟(JCF)3級審判員の資格を取得しました。

しまなみ海道を旅した林檎蜜紀さん(左)。旅先で声をかけて下さった上島サイクリングチームの方々と記念撮影 ©Mitsuki RINGOしまなみ海道を旅した林檎蜜紀さん(左)。旅先で声をかけて下さった上島サイクリングチームの方々と記念撮影 ©Mitsuki RINGO

 この春、ずっと訪れてみたかったサイクリストの聖地、しまなみ海道を走ることができました。しまなみ海道に行こうと心に決めたのは、昨年11月に開かれた自転車ショー「サイクルモード」の時でした。ステージ上で語られる魅力や、スクリーンに映し出されるきれいな風景の数々。「いつかは行きたいな」と漠然と思っていたことを実現しようと、行動に移しました。

 いざ計画を立て始めたのですが、欲張りな私は「ここも行きたい」「あそこも行きたい」と、収拾がつかないことに。結局、できる限りを詰め込んだ2泊3日で、尾道と今治を往復する贅沢プランの旅を満喫することにしました。

驚きのハイクオリティ

 今回の旅では、カフェやしまなみの名物グルメなど、たくさんの飲食店に立ち寄りました。補給や休憩場所にと軽い気持ちで選んだつもりだったのですが、そのひとつひとつのクオリティの高さに驚きました。

宿泊したONOMICHI U2の部屋 ©Mitsuki RINGO宿泊したONOMICHI U2の部屋 ©Mitsuki RINGO

 私が宿泊した「ONOMICHI U2」(オノミチユーツー)さんは、尾道にたくさんある、自転車のままチェックインできるホテルの一つ。倉庫を改装した施設で、レストランやバーを併設しています。レストランでは鶏もも肉のグリルをいただきました。ガッツリ系メニューですが、おしゃれなプレートに盛り付けられています。

サイクリストにはうれしいガッツリ系メニュー ©Mitsuki RINGOサイクリストにはうれしいガッツリ系メニュー ©Mitsuki RINGO
面白いいすを発見!これに乗りながら食べればダイエットにも…?(笑) ©Mitsuki RINGO面白いいすを発見!これに乗りながら食べればダイエットにも…?(笑) ©Mitsuki RINGO
倉庫を改装した「ONOMICHI U2」 ©Mitsuki RINGO倉庫を改装した「ONOMICHI U2」 ©Mitsuki RINGO

 施設内にはほかにも物産店にジャイアントストアと盛りだくさん。おしゃれな店内は一見の価値ありです。場所もJR尾道駅から徒歩で3分程度と好立地。尾道からスタートする人はここから、今治をスタートとする人はゴールとして立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「ONOMICHI U2」には美容に良さそうなドリンクがありました ©Mitsuki RINGO「ONOMICHI U2」には美容に良さそうなドリンクがありました ©Mitsuki RINGO
女性にはうれしい瀬戸内海のレモンを使ったアメニティ ©Mitsuki RINGO女性にはうれしい瀬戸内海のレモンを使ったアメニティ ©Mitsuki RINGO
自転車でしまなみ海道のグルメや景色を満喫した林檎蜜紀さん ©Mitsuki RINGO自転車でしまなみ海道のグルメや景色を満喫した林檎蜜紀さん ©Mitsuki RINGO

スイーツと絶景を満喫

「さくら茶屋」さんのわらび餅は「笑美餅」と書かれています ©Mitsuki RINGO「さくら茶屋」さんのわらび餅は「笑美餅」と書かれています ©Mitsuki RINGO

 尾道駅の近くにある「さくら茶屋」さんは、店員さんがとてもフレンドリーな甘味屋さんです。アイデアメニューが豊富で盛り付けが面白い。

 ここでは、わらび餅(「笑美餅」と書かれていました)をいただきました。やわらかくてとてもおいしい!その名の通り自然と笑顔が出てしまう素敵なお店でした。

 因島では「はっさく屋」さんへ。名物の「はっさく大福」は、食べると中からはっさくのみずみずしい甘みが広がり、自転車を走らせて乾いていた口にしみ渡りました。いま思えば、補給食としてポケットに忍ばせておいても良かったかなと思っています。

 このお店は、窓の外の因島大橋を絶好の位置から眺めることができます。しまなみ海道を満喫するうえではぜひ足を運んでいただきたい場所のひとつです。

「はっさく屋」さんからは因島大橋を眺められます ©Mitsuki RINGO「はっさく屋」さんからは因島大橋を眺められます ©Mitsuki RINGO
はっさく大福はみずみずしい甘み ©Mitsuki RINGOはっさく大福はみずみずしい甘み ©Mitsuki RINGO
「汐待亭」さんの豚の角煮丼 ©Mitsuki RINGO「汐待亭」さんの豚の角煮丼 ©Mitsuki RINGO

 生口島では「汐待亭」さんにおじゃましました。和風モダンな店内にはジャズが流れていて、とてもおしゃれ!それでいて落ち着ける雰囲気です。

 昼食として豚の角煮丼を注文したのですが、盛り付けもおしゃれでした。夜はバーとして営業していて、ライブイベントなども開いているようです。店長さんのセンスがうかがえるおしゃれなお店で、店内にサイクルスタンドがあるのもポイントが高いです。あと、私が愛用しているハート型のリアライトが売っていたのも高ポイントです(笑)。

生口島の「汐待亭」さんはおしゃれなお店 ©Mitsuki RINGO生口島の「汐待亭」さんはおしゃれなお店 ©Mitsuki RINGO

足湯とはっさくのうれしいサービス

 大島で立ち寄ったのが、ブルーラインのすぐ脇にある「みやくぼ しまのダイニング」さん。小さくも木の温かみを感じられる店内には、カレーの良い香りが漂っていました。私はカレーが大好きなので、ものすごく食べたかったのですが、先ほどごはんを食べたばかり…。泣く泣くレモネードのみを注文しました。

 それでも、ほのぼのとした癒しの空間でリフレッシュ。次は必ずカレーを食べに来ると心に決めて自転車にまたがったのでした。

温かみのある「みやくぼ しまのダイニング」の店内 ©Mitsuki RINGO温かみのある「みやくぼ しまのダイニング」の店内 ©Mitsuki RINGO
レモネードでリフレッシュ ©Mitsuki RINGOレモネードでリフレッシュ ©Mitsuki RINGO
今治の有名店「重松飯店」の「焼豚玉子飯」 ©Mitsuki RINGO今治の有名店「重松飯店」の「焼豚玉子飯」 ©Mitsuki RINGO

 今治に着いたら必ず食べようと思っていたのが、今治B級グルメ「焼豚玉子飯」。有名店の「重松飯店」さんに寄りました。活気ある店内には、やはりサイクリストの姿もありました。目的の焼豚玉子飯を注文。半熟の目玉焼きを崩して、甘辛いタレのかかったチャーシューとご飯を混ぜて食べる。これぞB級グルメ!一日走ってお腹を空かせて行くことをお勧めします。

南国風の雰囲気を演出する向島の「立花食堂」 ©Mitsuki RINGO南国風の雰囲気を演出する向島の「立花食堂」 ©Mitsuki RINGO

 復路の向島。この旅の最後に選んだ「立花食堂」さんは、ヤシの木が南国の雰囲気を演出しているおしゃれなカフェ。店内に入るとすでに満席で、地元でも人気のお店のようです。時間があったので待つことにしましたが、全然退屈ではありません。というのも、なんと足湯がありました。実はこれが一番うれしかったのです!

 レモンの浮いた足湯に浸かりながら、はっさく(なんと無料)をいただきました。悪戦苦闘しながらはっさくを剥いていたら、あっという間に時間が過ぎていました(笑)。本当に素敵なお店です。時間に余裕を持って行くとたくさん楽しむことができます。

レモンが浮かんだ「立花食堂」の足湯 ©Mitsuki RINGOレモンが浮かんだ「立花食堂」の足湯 ©Mitsuki RINGO
足湯に浸かりながら、はっさくを剥いて食べます ©Mitsuki RINGO足湯に浸かりながら、はっさくを剥いて食べます ©Mitsuki RINGO

上りのつらさを忘れるほどの絶景

 グルメを楽しみながらも、憧れのしまなみ海道を真面目に走ってきました。

 スタートは、尾道駅前から出る船で向島に渡ります。愛車と船に乗るという旅の始まりに、心が躍りました。船を降りると、そこから道路に水色の線が引かれています。この通称「ブルーライン」は、6つの島を経て今治まで続きます。

ここが尾道からのスタート地点です ©Mitsuki RINGOここが尾道からのスタート地点です ©Mitsuki RINGO
今治まで楽しみつつ走ります ©Mitsuki RINGO今治まで楽しみつつ走ります ©Mitsuki RINGO
人型のサイクルスタンド ©Mitsuki RINGO人型のサイクルスタンド ©Mitsuki RINGO

 いざ自転車にまたがってペダルを踏み始めました。海に浮かぶ島、緑がきれいな林道、島を渡す大きな橋、たくさんの絶景がそこにはありました。これこそが、しまなみ海道の醍醐味。日本中のサイクリストが憧れる場所と言われるゆえんでしょう。

私が上った日はあいにくの小雨…。でも達成感はいっぱいです ©Mitsuki RINGO私が上った日はあいにくの小雨…。でも達成感はいっぱいです ©Mitsuki RINGO

 楽しみにしていたのが、亀老山展望公園からの景色です。海に浮かぶ島々に架かる来島海峡大橋がとてもきれいに見えるスポット。ただし、ここに辿り着くには3.6km、平均勾配8.1%の道のりを行かなければなりません。つらかった…。汗びっしょりになって上りましたが、それを忘れるほどの素敵な景色に、諦めずに上ってよかったと思えました。

 しまなみ海道の魅力には、風景やグルメだけではなく、自転車の環境整備が整っていることも挙げられるのではないでしょうか。尾道駅前には輪行で来た人向けに「自転車組立場」が設けられています。公園やカフェなどにはサイクルスタンドが必ずといっていいほど設置されていて、サイクルウエアでも気兼ねなく立ち寄れます。

 今回出会ったお店や風景はどれも素敵で、旅をより豊かにしてくれました。初めてのしまなみ海道は、自転車に乗る楽しみを再確認できた良い旅となりました。

オリジナルジャージに「Cyclist」ロゴも

林檎蜜紀さんの「チームみつつ」オリジナルジャージ ©Mitsuki RINGO林檎蜜紀さんの「チームみつつ」オリジナルジャージ ©Mitsuki RINGO

 さて、しまなみ旅で私が着ているジャージですが、「Cyclist」さんにもスポンサーになっていただいている「TEAM322」(チームみつつ)オリジナルジャージです。

 かっこいいデザインの中に、かわいいキャラクター「とりもち」が描かれた力作です。今後、受注販売の予定もありますので、オフィシャルブログ「ツールドみつつ」をチェックしてください。このジャージを着て、また色々な所に走りに行きたいです。その時はぜひ気軽に声を掛けてくださいね。ではまた、旅先で会いましょう!

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクリング しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載