メイドインジャパンの品質リオン・ド・カペルミュールの「レジェフィットPRO」を試着インプレッション

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ウエイブワンのオリジナルブランド「リオン・ド・カペルミュール」でハイエンドモデル「レジェフィットPRO」の試着インプレッションを行った。プロチームへの供給で得たノウハウを投入し、レーシーかつ“オシャレ”な高品質ウェアを体感した。

モデルは175cmで、上下Mサイズを着用 Photo: Naoi HIRASAWAモデルは175cmで、上下Mサイズを着用 Photo: Naoi HIRASAWA

タイトフィットな“オシャレ”ウェア

 ベースとなるレジェフィットPROは、オーダージャージで製品ラインナップされており、ブリヂストンアンカー サイクリングチームなど、トップチームが使用している。一般ライダー向けにデザインが施され、登場したのがリオン・ド・カペルミュールのレジェフィットPRO 半袖ジャージだ。

袖は長めでタイトだが、さまざまな姿勢にフィットする Photo: Masami SATOU袖は長めでタイトだが、さまざまな姿勢にフィットする Photo: Masami SATOU
裾の素材は柔らかく、ペダリングの邪魔はしない Photo: Naoi HIRASAWA裾の素材は柔らかく、ペダリングの邪魔はしない Photo: Naoi HIRASAWA

 ラインナップはトパーズ イエローとガーネット レッドの2色展開で、千鳥格子のデザインが取り入れられている。胸部にはブランドロゴに加え、ブランドマークのライオンが描かれている。

首から肩にかけてのフィット感が高く、シワができない Photo :Masami SATOU首から肩にかけてのフィット感が高く、シワができない Photo :Masami SATOU

 テストしたのはガーネット レッドの半袖ジャージと、「レジェフィットPRO ビブショーツ」。着用すると肩周りの赤色が鮮やかなことが印象的だった。また、胴回りやビブショーツが落ち着いたブラックに、千鳥格子が細かく描かれているので、派手すぎずにオシャレさをアピールできる。

“プロ品質”を体感

 筆者は選手時代に所属していたチームでレジェフィットPROを供給されていたが、リオン・ド・カペルミュールで性能をそのまま体感することができた。タイトなフィットだが、肩や前面パネルに採用されている素材「レジェ スキン」は柔らかく、締め付けや動かしづらさはない。バタつきが皆無だったので、空気抵抗の軽減にも貢献しているだろう。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダー。 Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダー。 Photo: Masami SATOU

 袖口や裾口は切りっぱなしになっており、長時間使用してもストレスがなかった。長くデザインされた袖のデザインは個人的にとても好み。すっきりとした見た目の印象を与えるように思えた。

 高品質な素材を日本の工場で縫製、製造しているため悪い部分が見当たらない。値段は半袖、ビブショーツのなかでは高価だが、プロ選手と同じ品質のウェアを体感したいライダーにおススメしたい。

リオン・ド・カペルミュール「レジェフィットPRO」半袖ジャージ
税込価格:17,064円
カラー:千鳥格子ガーネット レッド、千鳥格子トパーズ イエロー
サイズ:S、M、L、XL、XXL

リオン・ド・カペルミュール「レジェフィットPRO」ビブショーツ
税込価格:17,064円
カラー:千鳥格子ブラック
サイズ:34、36、38、S、M、L

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジャージ|サイクルウェア商品一覧レーサーパンツ|サイクルウェア商品一覧

サイクルウェア ジャージ リオン・ド・カペルミュール レーサーパンツ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載