楽天トラベルが集計結果を発表サイクリストに人気の旅行先、しまなみ海道2エリアが上位獲得 淡路島と那須もトップ5に

  • 一覧

  旅行予約サイト「楽天トラベル」が発表した「サイクリストに人気の旅行先ランキング」で、愛媛県の今治エリアが堂々の1位に輝き、さらに4位に広島県の福山・尾道エリア、7位に愛媛県の松山・道後エリアがランクインするなど、トップ10に「しまなみ海道」が牽引する3エリアが名を連ねた。2位は兵庫県の淡路島、3位は栃木県の那須がランクインした。

堂々の1位を獲得した「しまなみ海道」(写真は今治から大島に架かる来島海峡大橋)堂々の1位を獲得した「しまなみ海道」(写真は今治から大島に架かる来島海峡大橋)

トータルな魅力が詰まった瀬戸内エリア

 同ランキングは、2015年4月1日から2016年3月31日までの1年間における「サイクリスト」のキーワードを含む宿泊プランの予約人泊数(国内宿泊、ANA楽パック、JAL楽パック、インバウンド)をもとに、楽天トラベルがまとめた。

大きな橋を安全に走れるのもしまなみ海道の醍醐味 Photo: Naoki OHOSHI大きな橋を安全に走れるのもしまなみ海道の醍醐味 Photo: Naoki OHOSHI

 1位の愛媛県の今治エリア、4位の広島県の福山・尾道エリアは、絶大な人気を誇るしまなみ海道。今治と尾道を全長約70kmわたって海峡を横断する自転車道路が整備されており、瀬戸内海に小さな島々が点在する風景を眺めながらビギナーでも快適にサイクリングを楽しめるとあって、名実ともに「サイクリストの聖地」となっている。

サイクリストのニーズに応えた設備・サービスを提供する複合施設「ONOMICHI U2」(オノミチ ユーツー)の室内(広島県尾道市)サイクリストのニーズに応えた設備・サービスを提供する複合施設「ONOMICHI U2」(オノミチ ユーツー)の室内(広島県尾道市)

 両地区ではサイクリスト向けの宿が多数存在し、レンタルサイクルの無料サービスや自転車の部屋入れ、ポンプや修理用品の用意など、サイクリング旅行を安心して楽しめるサービスが充実しているのも特徴だ。今治駅から道後温泉へも約46kmの「松山・今治コース」という海沿いのサイクリングルートがある。しまなみ海道からの延長で、自転車道を示す青いラインが設けられており、サイクリングで疲れた体を温泉で癒すというトータルな旅が人気を集めている。

人気のポイントは「挑戦」と「歓迎」

 2位の淡路島も同様に海風を感じながら島内を周遊するコースが人気を集めている。平地コースから、山間部の棚田コース、起伏の激しい海岸線を一周するチャレンジングなコースまで、さまざまなコースを選択できるため、初心者から上級者までそれぞれのレベルに応じたサイクリングを楽しむことができる。

 3位にランクインした那須は国内屈指の自転車レース開催地。初心者向けの短距離コースから雄大な那須岳へ挑む本格的なルートなど、変化に富んだコースが多数あり人気を集めている。ヒルクライムからツーリング、ポタリングまで、自然や地形をさまざまなスタイルで楽しむことができるバリエーション豊かなエリアながら、首都圏からのアクセスの良さも人気を集める理由の1つとなっている。

サイクリストを漁船で運ぶ「漁船タクシー」も守山市の社会実験として行っている Photo: Kenta SAWANOサイクリストを漁船で運ぶ「漁船タクシー」も守山市の社会実験として行っている Photo: Kenta SAWANO

 「ビワイチ」という通称で、サイクリストたちの間で一周サイクリングが目標となっている滋賀県の琵琶湖は5位にランクイン。近年、サイクリングの振興に力を入れている地域で、琵琶湖周辺の自転車専用道の整備や、サイクリストを漁船で運ぶ「漁船タクシー」を試験的に導入するなど、自転車にやさしい街づくりを積極的に推進。今後の人気上昇が見込まれるエリアだ。

 この他にも、福島県の会津若松や宮城県の白石・蔵王といった東北勢も健闘。トライアスロンで知られる沖縄県・宮古島や、都心からのアクセスが良くサイクリストに人気の神奈川県・丹沢エリアがトップ10入りを果たした。

■サイクリストに人気の旅行先ランキング TOP10

1位 愛媛県 今治・しまなみ海道
2位 兵庫県 淡路島
3位 栃木県 那須・板室・黒磯
4位 広島県 福山・尾道・しまなみ海道
5位 滋賀県 湖東(守山・近江八幡・彦根)
6位 福島県 会津若松・喜多方
7位 愛媛県 松山・道後
8位 宮城県 白石・宮城蔵王
9位 沖縄県 宮古島・伊良部島
10位 神奈川県 海老名・厚木・伊勢原

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載