省スペースで車載に最適ターンの小径車「リンク N8」を試乗 ロック機能つきで折りたたみも安心

  • 一覧

 シティバイクブランド「Tern」(ターン)の小径車「リンク」は、20インチのホイールを履いたフォールディング(折りたたみ機能付)バイクだ。今回は中級グレードの「リンク N8」を実際に試乗。フォールディング機能や利便性、走行性能を確かめた。

後藤恭子 Cyclist編集部員で自転車歴は4年。スイスでの自転車旅をきっかけにロードバイクに目覚め、週末は峠やロングライドを楽しむ Photo: Masami SATOU後藤恭子 Cyclist編集部員で自転車歴は4年。スイスでの自転車旅をきっかけにロードバイクに目覚め、週末は峠やロングライドを楽しむ Photo: Masami SATOU
ターン「リンク N8」 Photo: Masami SATOUターン「リンク N8」 Photo: Masami SATOU

 リンク N8の特徴でもあるフォールディング機能はハンドル部、フレーム部にあり、ロック機能付のレバーで行う。また、フレームを上下に貫通しているシートポストを下げ、地面に設置させることで、バイクを3点で支え、自立させることが可能だ。

 折りたたんだ際にはマグネットやゴムバンドで固定ができ、持ち運び時に分解しないよう工夫が施されている。フロントのチェーンリングは52Tのシングルで、リアは11-32Tの8段変速だ。

折りたたみレバーは大きく、手で力をかけやすい Photo: Masami SATOU折りたたみレバーは大きく、手で力をかけやすい Photo: Masami SATOU
1分かからずに折りたたみが可能で、しっかりとまとめられる Photo: Masami SATOU1分かからずに折りたたみが可能で、しっかりとまとめられる Photo: Masami SATOU

松尾「接合部がしっかりしている」

 小径車でありながら、接合部分の剛性がしっかりしており、不安感がなかったのがよかったですね。ある程度スピードに乗せられるギアが採用されているので、タイヤは20インチですが「ペダルを漕いでも進まない」と思うことはなかったです。普段からスポーツバイクに慣れているライダーも、違和感なく使用できるでしょう。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

後藤「車に積んで出かけたい」

 ハンドル位置が高く、操作しやすいのが印象的でした。スポーティな走りながら、安定しているのが嬉しかったです。収納は2カ所のレバーだけで簡単に行えました。別売りされている持ち運び用のキャスター(簡易輪行カバー付)を使えば携行もしやすい。収納状態も省スペースなので車載して、旅行先などで乗ってみたいですね。

【訂正】 別売でキャスターがあることを追記修正しました。

赤いボタンをスライドしながらでないとレバーが開かないロック機能つき Photo: Masami SATOU赤いボタンをスライドしながらでないとレバーが開かないロック機能つき Photo: Masami SATOU
シートポストがフレームを貫通しており、下げることで地面と設置させ安定して自立させることが可能 Photo: Masami SATOUシートポストがフレームを貫通しており、下げることで地面と設置させ安定して自立させることが可能 Photo: Masami SATOU

ターン「リンク N8」
価格:7万7000円(税別)
キャスター(別売):1万9000円(税別)
カラー:ホワイト× グリーン、ブラック×ブルー、ブラック×レッド、ホワイト×レッド

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ターン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載