スマートフォン版はこちら

初めてのロードバイクにベストな選択「LIV AVAIL ADVANCED3」 ロングライドも峠も教えてくれる女性のエントリーモデル

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 ジャイアントが手がける女性向けブランド「Liv」(リブ)の「AVAIL」(アヴェイル)シリーズは、ロングライドでの快適性に加え、下りなどで安心感をプラスするロード用ディスクブレーキの搭載を特徴とするバイクだ。身長145cm前後でも乗車可能なXXSからサイズを展開するなど、女性サイクリストのニーズが組み込まれており、エントリーモデルとしても定評がある。今回は同シリーズの中級グレードにあたる「アヴェイル アドバンスド 3」を試乗した。

スピードを制御しやすいディスクブレーキは下りのときも安心感を与える Photo: Masami SATOUスピードを制御しやすいディスクブレーキは下りのときも安心感を与える Photo: Masami SATOU

女性向けスポーツバイクをトータルで展開

 女性のためのサイクルブランドとして2009年に販売して以来、女性サイクリストからの支持を集めているリブ。いまでは女性用のバイクのみならず、サイクルウェア、シューズ、ライトなどのアクセサリーまでトータルで手掛ける唯一のブランドだ。

 リブのロードバイクシリーズで、エンデュランスモデルに位置付けられるカーボンフレームの「アヴェイル アドバンスド」は、ジャイアントの「ディファイ アドバンスド」を同系とするモデルで、高速巡航性能と快適な乗り心地はそのままに、女性用にサドルからハンドルまでの距離が短く設計されている。

「AVAIL ADVANCED 3」リブ独特の鮮やかなカラーリング。甘すぎないデザインがクールでスポーティーな女性の印象を与える Photo: Masami SATOU「AVAIL ADVANCED 3」リブ独特の鮮やかなカラーリング。甘すぎないデザインがクールでスポーティーな女性の印象を与える Photo: Masami SATOU

 また、ヘッドチューブ長、ホイールベースを長めに設定することで余裕をもった姿勢を生み出し、女性でも快適なロングライドを楽しめるバイクに仕上がっている。メーンコンポーネントはシマノの「ティアグラ」で揃えられ、コンパクトクランクに最大32Tのスプロケットを採用。斜度がある上り坂にも対応できる仕様だ。

独自のD型断面形状シートポストを採用し、フレーム側はボルト1本で固定。上部にカバーを付け、見た目もすっきり。シートポストを上下させてもサドルがまっすぐなままなのはありがたい Photo: Masami SATOU独自のD型断面形状シートポストを採用し、フレーム側はボルト1本で固定。上部にカバーを付け、見た目もすっきり。シートポストを上下させてもサドルがまっすぐなままなのはありがたい Photo: Masami SATOU
キャリパーブレーキに比べ制動力が高いディスクブレーキ。雨の日でも変わらない制動力は握力の弱い女性にも心強い Photo: Masami SATOUキャリパーブレーキに比べ制動力が高いディスクブレーキ。雨の日でも変わらない制動力は握力の弱い女性にも心強い Photo: Masami SATOU

身体が感じる「女性専用設計」

女性モデル特有のジオメトリーで上りのポジションもとりやすい Photo: Masami SATOU女性モデル特有のジオメトリーで上りのポジションもとりやすい Photo: Masami SATOU

 筆者は普段は女性専用ではないバイクに乗っている分、ライドポジションをとった瞬間、その違いに「なるほど」と感じた。いわゆる男性用モデルの小型版というのではなく、男性に比べて胴よりも脚が長いという女性の身体的特徴をとらえたジオメトリーで、無理のない操作感とアップライトなポジションが走りに余裕を与えてくれた。

 ロングライドに適したモデルだけに平地での加速にもロスなく応えてくれたが、一方で坂の上りやすさも予想を上回っていた。少し重く感じる乗り味が平地での安定感に変わっている印象だったが、上りでは新しいポジションを提示されたような楽な姿勢とペダル運びで、通常フロントギアをインナーに入れるような上りでもアウターのまま踏み続けられたことには「女性専用設計」の意義を強く感じた。

女性にとってディスクブレーキはサポート機能

 少しの握力で適度な制動力を与えるディスクブレーキは、女性にとって心強いポイント。とくに下り坂では恐怖心で無駄な力が加わり、長時間繰り返すと蓄積疲労でブレーキ操作に支障を来すこともあるため、女性サイクリストをサポートする機能として重視すべきパーツといえるだろう。雨天など急な天候の変化にも耐えられる制動力は、行動範囲の拡大にもつながる。

 カーボンフレームで、これだけの要素が詰まっていて19万円という価格(税抜)は納得のコストパフォーマンス。直系の上位機種はあるが、ティアグラの操作感も悪くなく、初めてのバイクとして購入した後も成長を見守ってくれる1台となるだろう。

AVAIL ADVANCED 3
税抜価格:19万円(完成車)
重量:8.9kg(410mm)
サイズ:375mm(XXS)、410mm(XS)、445mm(S)
コンポーネント:シマノ/ティアグラ(50×34T、11-32T)

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクリブ(Liv)のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイク

15~20万円 Liv ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載