2016年5月1日に移行「ジロ」の取扱い代理店がダイアテックへ ヘルメットやシューズを展開

  • 一覧
ジロのハイエンドヘルメット「シンセ」 Photo: Masami SATOUジロのハイエンドヘルメット「シンセ」 Photo: Masami SATOU

 アメリカのバイクアクセサリーブランド「Giro」(ジロ)の国内取扱い代理店が5月1日、ロータスインターナショナルからダイアテックへ移行する。

 ジロは1985年にカルフォルニアで創業し、自転車用品ではヘルメットやシューズ、ウェアを展開している。

 ダイアテックはスイスのウェアブランド「アソス」や、イギリスのサドルブランド「ブルックス」なども取り扱っている。ダイアテックの櫻井耕太社長は「私たちは、ジロがさらなる可能性を秘めていると確信しています。いつの時代にも最も愛されてきたブランドであるジロの、日本での成功に携われることをとても楽しみにしています」とコメントしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジロ ダイアテック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載