スマートフォン版はこちら

title banner

201cmのサイクリスト 山本隆弘<12>鳥取の魅力を伝えるために 観光大使としてサイクリングイベントを実現 

by 山本隆弘 / Takahiro YAMAMOTO
  • 一覧

 春の陽気を感じる季節となり、自転車に乗りたくなってきましたね。今シーズンは色々と一新してスタートすることにしました。まず、僕の身体に合うサイズのバイクを作ってくれたバイクブランド「KhodaaBloom」(コーダーブルーム)にお願いをして、使っているフレームのカラーをオリジナルデザインに塗り直してもらいました。特注フレームだけでなくカラーまで、わがままを聞いてもらっています。

オリジナルのカラーリングが施された山本隆弘さんの特注バイク Photo: Takahiro YAMAMOTOオリジナルのカラーリングが施された山本隆弘さんの特注バイク Photo: Takahiro YAMAMOTO

ウェアとフレームカラーを一新

オリジナルカラーのバイクと新しいチームウェアでイベントに登場した山本隆弘さん (スポーツバックス提供)オリジナルカラーのバイクと新しいチームウェアでイベントに登場した山本隆弘さん (スポーツバックス提供)

 日本のメーカーだからこそできるオリジナリティーを出せないかと思い、「イベント会場で、特注フレームに興味を持って見学に来て下さる方々が多いので、フレームカラーでもインパクトを与えませんか?」という相談を僕から持ちかけました。

 今は“自分オリジナル”のアイテムが好まれる時代だと思います。シューズでも何種類もあるカラーバリエーションから選んで購入する今だからこそ、自転車でもできればということで実現していただきました。

 それに伴いシューズとヘルメットも新調しました。さらに、僕が結成したチーム「GREAT隆弘」のチームウェアが完成したので、みなさんにお披露目します。

観光地としての可能性を発信

 鳥取市出身の僕は、2015年の11月に鳥取市観光大使に任命されました。2014年から自転車に乗り始め、全国各地で開かれている自転車イベントに参加してきましたが、それぞれの地で新しい出会いや発見などがあり、自転車嫌いだった僕が「またイベントに参加したい」「旅行でも来てみたい」と思うばかりでした。

 大使就任会見では「イベントを作れば、鳥取の魅力を全国の方々に知ってもらえるのではないか」と発言しました。

鳥取の透き通った海 Photo: Takahiro YAMAMOTO鳥取の透き通った海 Photo: Takahiro YAMAMOTO

 大学時代、鳥取を離れて生活を送るようになってから、鳥取のイメージとして聞こえてくる言葉は「砂丘しかないでしょ」が大半を占めていました。僕は、この言葉に観光地としての可能性を感じています。みなさんからすると「何を言っているの?」と思うかもしれませんが、僕にはたくさんの鳥取の魅力が思い浮かびました。

 透き通った海、日本百選に選ばれた滝、砂丘の横にあるらっきょう畑、日本一大きな池、しゃぶしゃぶ発祥の地、鳥取和牛オレイン55、魚介類でも代表的なものは松葉ガニ、イカにエビ。フルーツもたくさんあるのにな、というのが僕の考えでした。

魚介類が豊富な鳥取でとれた「猛者エビ」 Photo: Takahiro YAMAMOTO魚介類が豊富な鳥取でとれた「猛者エビ」 Photo: Takahiro YAMAMOTO
「白イカ」のお造り Photo: Takahiro YAMAMOTO「白イカ」のお造り Photo: Takahiro YAMAMOTO

「当たり前」の良さを自転車で再認識

 鳥取にいれば当たり前になってしまう魅力を、市民の方々に改めて知ってもらえる自転車イベントを開催したいと、強く要望を出しました。まずは市民の方々を中心に、魅力を再認識してもらう自転車イベントとして「山本隆弘観光大使と楽しむジオサイクリング」を3月19日に開催しました。

山本隆弘さん(右から2人目)が結成した「GREAT隆弘」のチームウェアでイベントに参加したメンバーたち (スポーツバックス提供)山本隆弘さん(右から2人目)が結成した「GREAT隆弘」のチームウェアでイベントに参加したメンバーたち (スポーツバックス提供)

 JR西日本が来年から運行予定の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」が鳥取駅と東浜駅に停車することを祝した企画。鳥取駅をスタートして砂丘を通り、山陰ジオパークを見ながら東浜駅で折り返してくる約60kmのサイクリングです。

 あいにくの雨や曇りの中での開催になったので最高の景色を眺めることはできませんでしたが、地元の方々のおもてなしに感動しました。

 らっきょうを使った肉まんに砂たまご、地元のコーヒーチェーン「すなば珈琲」まで! 東浜では、東浜の塩を使ったおにぎりと、新鮮なワカメが入ったみそ汁、鳥取の伝統である「しゃんしゃん祭り」の傘踊りで迎えてくれました。

らっきょうが入った肉まんと砂たまご Photo: Takahiro YAMAMOTOらっきょうが入った肉まんと砂たまご Photo: Takahiro YAMAMOTO
出迎えてくれた「しゃんしゃん祭り」の傘踊り (スポーツバックス提供)出迎えてくれた「しゃんしゃん祭り」の傘踊り (スポーツバックス提供)

 サイクリングイベントとしては距離が短いので甘く見ていた参加者も多かったようですが、走り応えのあるコースで、僕自身もたくさんの新発見がありました。

 今年の11月27日にはサイクリングイベント「GREAT ERATH」(グレートアース)がいよいよ鳥取市でも開催されることが決定しました。すごい!鳥取が皆さんをお待ちしていますよ!この連載でも、グレートアースの鳥取での開催に向けた取り組みを紹介していきます。

「山本隆弘観光大使と楽しむジオサイクリング」で鳥取を走る「GREAT隆弘」のメンバーたち (スポーツバックス提供)「山本隆弘観光大使と楽しむジオサイクリング」で鳥取を走る「GREAT隆弘」のメンバーたち (スポーツバックス提供)
「山本隆弘観光大使と楽しむジオサイクリング」のコースからの眺め Photo: Takahiro YAMAMOTO「山本隆弘観光大使と楽しむジオサイクリング」のコースからの眺め Photo: Takahiro YAMAMOTO
山本隆弘山本隆弘

元バレーボール選手。201cmの長身サウスポーとしてスパイクやサーブを武器に、Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズや全日本でエースとして活躍。2008年には北京オリンピックに出場した。2013年に現役引退してからは解説者、タレントとして活動。身長に合わせたオーダーメードのロードバイクで、初めてのスポーツ自転車に挑戦中。山本隆弘オフィシャルブログ「志」http://ameblo.jp/takahirokokorozashi/

関連記事

この記事のタグ

201cmのサイクリスト 山本隆弘

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載