盗難自転車3台を7年放置 西宮署が持ち主に謝罪

  • 一覧

 兵庫県警西宮署は5日、盗難届が出ていた自転車3台を同署今津駅前交番に約7年間、放置していたと発表した。同日、持ち主3人に謝罪した。

 同署によると、自転車3台は平成17年5月~18年3月の間に西宮市内で盗まれ、被害届が出されていた。しかし、発見報告書や盗品照会記録などの書類が残っておらず、17年5月以降、同交番に勤務した署員約80人からも事情を聴いたが、経緯を覚えている署員はいないという。

 兵庫県警では5月に飾磨署が盗難届が出ていたミニバイクを4年間放置していたと発表。西宮署管内でも持ち主が分からないバイクや自転車を盗品照会し、発覚した。

 松本法昭副署長は「関係者の方には大変申し訳ない。署員に対する指導を徹底したい」とコメントした。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載