強豪デリアックも新加入「日本のレース刺激したい」 フランス人選手倍増の「ニールプライド・ナンシンスバル」

by 澤野健太 / Kenta SAWANO
  • 一覧

 国内ロードレースシリーズ「Jプロツアー」を中心に活動する「ニールプライド・ナンシンスバル サイクリングチーム」が4月11日、東京の在日フランス大使館でチームプレゼンテーションを行い、スポンサー関係者や報道陣に今シーズンの陣容や目標を発表した。日仏の自転車界の交流を目的にした日本人と外国人による混成チームで、今年は例年以上に国際化が進んで戦力がアップ。上位進出へ期待がかかる。

フランス大使館でお披露目された「ニールプライド・ナンシンスバル・サイクリングチーム」の今季メンバー Photo: Kenta SAWANOフランス大使館でお披露目された「ニールプライドナンシンスバル・サイクリングチーム」の今季メンバー Photo: Kenta SAWANO

デリアック「ヨーロッパの経験伝えたい」

日本語であいさつしチームメートを和ませたロイック・デリアック(中央) Photo: Kenta SAWANO日本語であいさつしチームメートを和ませたロイック・デリアック(中央) Photo: Kenta SAWANO

 2016年シーズンは男子9人、女子6人にJユースツアー出場のジュニア選手1人の合計16人で戦う。2006年に「日仏サイクリングクラブ」として設立された国際色豊かなチームで、今年は男子9人のうち6人がフランス人。昨年の3人から倍増した。その理由をゼネラルマネジャー(GM)のステファン・フォレスト氏は「日本で野球やサッカーと同じくらいに自転車競技を認めてもらうために、フランス人選手を多く入れた。日本人選手に、むこうの練習や戦いのお手本を間近に見せたかった」と説明した。

プレゼンテーションには多くの関係者が訪れた Photo: Kenta SAWANOプレゼンテーションには多くの関係者が訪れた Photo: Kenta SAWANO

 補強の目玉は、キナンサイクリングチームから移籍加入したロイック・デリアック。昨年のJプロツアー湾岸クリテリウムで優勝した強豪選手だ。デリアックは「チームの目標、雰囲気に引かれた。ヨーロッパで走った経験を若い選手に伝えていきたい」と意気込んだ。

 フランスのエリートチーム「ESCモー」から新加入したムーシャル・ギロームは、「私の持ち味は一つではないので、チームの要求に応えられるような走りをして、コンチネンタルチームライセンスを取るという目標を達成できるように頑張ります」と献身的な走りを約束した。

新加入のムーシャル・ギロームは笑顔であいさつ Photo: Kenta SAWANO新加入のムーシャル・ギロームは笑顔であいさつ Photo: Kenta SAWANO
自転車競技歴2年半ながら期待のかかる西寅太郎 Photo: Kenta SAWANO自転車競技歴2年半ながら期待のかかる西寅太郎 Photo: Kenta SAWANO

日本人若手もフランス人から刺激

 フランス人選手の意気込みに日本人の新加入選手も刺激を受けている。19歳の西寅太郎は「パンチャーとしてチームに貢献するのはもちろんですが、選手としてもフランス人選手から色々吸収していきたい」と話す。

 西は自転車競技を始めて2年半ながら、昨年はボンシャンスのメンバーとして実業団E1カテゴリー初出場の堺クリテリウム6位、おおいたロードレースでもE1で6位に食い込み、チーム内の期待は大きい。チームに溶け込むためにも半年前からフランス語を勉強。「海外のレースに出るチャンスをつかんで、有名なトッププロ選手になりたい」と目標を語った。

ステファン・フォレストGMのプレゼンテーションを真剣に聞く選手たち Photo: Kenta SAWANOステファン・フォレストGMのプレゼンテーションを真剣に聞く選手たち Photo: Kenta SAWANO

チーム運営会社を設立

ニールプライドのTTバイク「バイヤモ」とポーズを決めるギローム・ムーシャル Photo: Kenta SAWANOニールプライドのTTバイク「バイヤモ」とポーズを決めるギローム・ムーシャル Photo: Kenta SAWANO

 チームはJプロツアー全戦に加え、UCIアジアツアーやアジアでのイベントレースなどの海外レースにも積極的に出場する予定だ。昨年から選手強化のために、長野県飯田市に拠点を移したのに加え、今年3月にはチームの運営会社「インタープロ・シクリズム」を設立。来年のコンチネンタルチーム昇格という目標に向かって大きな足がかりを作った。同社の取締役として運営を担うセバスチャン・ピロッテ氏は「日本のレースでは見られない駆け引きや戦術を展開して、日本の自転車界を刺激したい」と自転車界の日仏交流をさらに推し進めていく考えだ。

 バイクはニールプライドのナザレやナザレ2を主に使用。スプリンターの水野貴之のみビューラに乗るという。タイムトライアルの際はTTモデルのバイヤモを使用する。

プレゼンテーションを終え、シャンパンで乾杯する選手たち。19歳の西寅太郎(右)は〝エアーシャンパン〟 Photo: Kenta SAWプレゼンテーションを終え、シャンパンで乾杯する選手たち。19歳の西寅太郎(右)は〝エアーシャンパン〟 Photo: Kenta SAW ANO
ニールプライドのジャージを着たマスコットも会場に飾られた Photo: Kenta SAWANOニールプライドのジャージを着たマスコットも会場に飾られた Photo: Kenta SAWANO


■ニールプライド・ナンシンスバル サイクリングチーム 2016年シーズン選手
【男子】ロイック・デリアック、ジェゾン・ヴァラド、マクシム・マルタン、ブルノ・ゲゼ、トム・ボシス、ギローム・ムシャール、片岡真之介、水野貴之、西寅太郎
【女子】サンドラ・ドスサントス、智野真央、樫木祥子、イ・ミンヒ、ヘレン・フォルタン・ピロッテ、新屋瑛里
【ユース】山口幸大

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・チーム Jプロツアー2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載