大阪・柏原市で12万円以上の寄付からふるさと納税記念品に東洋フレームのシティバイク「the PARK」8モデルが採用

  • 一覧

 自転車フレームの製造・販売を手がける大阪の「東洋フレーム」のシティバイク「the PARK」(ザ・パーク)の8モデルが、本社を構える柏原市のふるさと応援寄附制度の記念品に加わった。キッズバイクやシティバイクをはじめ、スタイリッシュな電動自転車まで、寄付金額に応じた記念品として納税者に贈られることになった。

60万円以上の寄付への記念品として贈られるクロモリフレーム電動自転車「the PARK P7HE」 ©TOYO FRAME 60万円以上の寄付への記念品として贈られるクロモリフレーム電動自転車「the PARK P7HE」 ©TOYO FRAME 

Eバイク、キッズバイクなど8モデル

 柏原市のふるさと応援寄附制度の記念品に加わったのは「ザ・パーク」の電動自転車「E-Bike」3モデルをはじめ、キッズバイク3モデル、カジュアルタイプの「ジャパンモデル」2モデル。ビーチクルーザータイプのキッズバイク「ER12KC225」(適正身長80~110㎝)と「ER16KC226」(同90~115cm)は12万円以上の寄付で、ホイールサイズ20インチのキッズバイク「ER20KC227」は13万円以上の寄付に対し記念品として贈られる。

13万円以上のふるさと納税に対しての記念品となるキッズバイク「ER20KC227」 ©TOYO FRAME 13万円以上のふるさと納税に対しての記念品となるキッズバイク「ER20KC227」 ©TOYO FRAME 
25万円以上のふるさと納税の記念品として採用された20インチの「P20S」 ©TOYO FRAME 25万円以上のふるさと納税の記念品として採用された20インチの「P20S」 ©TOYO FRAME 

 大人向けの「ジャパンモデル」からは、スタッガート式フレームを採用した20インチの「P20S」が25万円以上、650Cの「P65S」が27万円以上の寄付への記念品となる。電動自転車ではオールドBMXタイプの「the PARK PBLE」とビーチクルーザータイプの「the PARK PBSE」が50万円以上の寄付、オリジナルクロモリフレームのスポーツタイプ「the PARK P7HE」が60万円以上の寄付で贈られることになった。

柏原市で1973年に創業

ふるさと納税サイトの記念品リストページに並んだ「the PARK」のキッズバイクふるさと納税サイトの記念品リストページに並んだ「the PARK」のキッズバイク

 東洋フレームは1973年の創業以来、柏原市で地域に根ざした生産を行ってきた。同社は「地元企業としての地域貢献の一端を担えるよう、本制度を利用させていただこととなりました。先日も同市内で開催されたヒルクライムイベントへの協賛などもさせていただい た経緯もあり、今後も地域を上げて自転車文化を盛り上げていきたいと考えております」と話している。

 近年、自転車をふるさと納税の記念品に採用する自治体・企業が増えてきており、柏原市はすでに同地に本社を置くパナソニックサイクルテックの折りたたみ自転車をラインアップし、申し込みが集中している状況だ。柏原ふるさと応援寄附金は、全国から申し込むことが可能だが、沖縄県、その他離島など、一部申込みできない地域がある。また配送には入金確認後、約2~3カ月かかるという。

関連記事

この記事のタグ

トーヨー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載