4年ぶりにフルモデルチェンジトレック「ドマーネSLR」登場 カンチェッラーラの愛機、フロントにも振動吸収機構

  • 一覧
トレックが発表した新型「ドマーネSLR」 ©Trek Bicycle Corporationトレックが発表した新型「ドマーネSLR」 ©Trek Bicycle Corporation

 トレックが、石畳などの悪路に強いロードバイク「Domane」(ドマーネ)をフルモデルチェンジし、新モデル「ドマーネSLR」を発表した。初代モデルからさらなる技術改革を推進。フレームからシートチューブが独立して動く「IsoSpeed」(アイソスピード)機構に調節可能なスライダーが付加され、ライダーは路面に合わせて自分好みの振動吸収特性を実現できるようになった。また、改善が困難だったフロント部の振動吸収率も、新機構の「フロント アイソスピード」と「IsoCore(アイソコア)ハンドルバー」により劇的に改善した。

カンチェッラーラの決戦バイク

 2012年に発表された初代ドマーネは、ファビアン・カンチェッラーラ(トレック・セガフレード)のクラシックレースでの活躍を支えるエンデュランスロードバイクとして知られ、多くのサイクリストから支持を得てきた。

新型のドマーネSLR ©Trek Bicycle Corporation新型のドマーネSLR ©Trek Bicycle Corporation
ドマーネSLRで坂を駆け上がるファビアン・カンチェッラーラ ©Trek Bicycle CorporationドマーネSLRで坂を駆け上がるファビアン・カンチェッラーラ ©Trek Bicycle Corporation

 新型のドマーネSLRは、すでに今年3月にイタリアで開催された「ストラーデ・ビアンケ」でカンチェッラーラが勝利を挙げるなど、その高い実力がロードレーストップシーンで証明されている。

ドマーネSLRでストラーデ・ビアンケを制したファビアン・カンチェッラーラ ©Trek Bicycle CorporationドマーネSLRでストラーデ・ビアンケを制したファビアン・カンチェッラーラ ©Trek Bicycle Corporation

あらゆる条件に最適な振動吸収を

 初代ドマーネに搭載されたアイソスピード機構は、パワーの伝達を確実に行いつつ、シートチューブがしなることによって従来のロードバイクより2倍の快適性をもたらし、ロードバイク界に改革をもたらした。しかしトレックの開発チームは、さらなる改善を追求。ライダーの身体はそれぞれ違った形状や大きさである、という理論のもと、あらゆる条件で最も望ましい走り方を実現するためにテストを繰り返した。

新型ドマーネをテストするトレック・セガフレードの選手たち ©Trek Bicycle Corporation新型ドマーネをテストするトレック・セガフレードの選手たち ©Trek Bicycle Corporation
石畳の急坂でも新型ドマーネをテストした ©Trek Bicycle Corporation石畳の急坂でも新型ドマーネをテストした ©Trek Bicycle Corporation

 その結果、導き出された答えがシートチューブのしなりをスライダーで調整できる「調節式リア アイソスピード」だ。スライダーの調節位置を一番下にすると、振動吸収率は初代ドマーネに比べ14%も高まる。

シートチューブに設けられた、しなりを調節できるスライダー ©Trek Bicycle Corporationシートチューブに設けられた、しなりを調節できるスライダー ©Trek Bicycle Corporation
シートチューブに設けられたスライダーを下げると振動吸収性が高くなる ©Trek Bicycle Corporationシートチューブに設けられたスライダーを下げると振動吸収性が高くなる ©Trek Bicycle Corporation

ヘッド部分にも振動吸収機構

 初代ドマーネのシートチューブに搭載されたアイソスピードは、ライダーの重心の後部のみで威力を発揮していたが、身体にとって重要なもう一つの部位である前部には、さらなる改善の余地があった。そこでドマーネSLRは、アイソスピード機構をフロントにも搭載した。

振動吸収機構を備えたフロント アイソスピード ©Trek Bicycle Corporation振動吸収機構を備えたフロント アイソスピード ©Trek Bicycle Corporation

 フロント アイソスピードは、ステアチューブがヘッドチューブから独立して回転する技術で、バイク前面の縦方向の振動吸収性を従来のロードバイクから10%も向上させている。「安定性と効率性、ハンドリング性能を損なわずに振動を軽減する」というフロント部分の課題を、トレックは独自のテクノロジーで乗り越えた。

ハンドルバーの振動軽減を20%向上

 トレックでは、フロント アイソスピードが効果を発揮するだけでなく、振動吸収性に優れた新しいハンドルバーと組み合わせることで効果をより高められると考えた、そこで、トレックのパーツ・アクセサリーブランド「ボントレガー」の開発チームが研究を重ね、アイソコア ハンドルバーを開発した。

標準的なカーボンハンドルバーより振動を20%低減させるアイソコア ハンドルバー ©Trek Bicycle Corporation標準的なカーボンハンドルバーより振動を20%低減させるアイソコア ハンドルバー ©Trek Bicycle Corporation
アイソコア ハンドルバー ©Trek Bicycle Corporationアイソコア ハンドルバー ©Trek Bicycle Corporation

 アイソコア ハンドルバーは、OCLVカーボンに特殊なエラストマーを重ねて構成され、細かな振動の吸収を大きく改善。従来のカーボン製ハンドルバーと比べ、20%の振動の軽減に成功した。

ディスクブレーキ仕様も同時発売

 ドマーネSLRはキャリパーブレーキとディスクブレーキのモデルを選択でき、いずれも従来モデルより広いタイヤクリアランスを実現している。

 キャリパーブレーキ仕様ではダイレクトマウントの軽量ブレーキが備えられ、28Cのタイヤを標準装備。ディスクブレーキ仕様は12mmのスルーアクスルを搭載し、タイヤは32Cを標準装備する。いずれも、目立ちにくいフェンダーマウントを備えている。

広いタイヤクリアランス。キャリパーモデルは軽量なダイレクトマウントブレーキを搭載 ©Trek Bicycle Corporation広いタイヤクリアランス。キャリパーモデルは軽量なダイレクトマウントブレーキを搭載 ©Trek Bicycle Corporation
シマノDi2用のバッテリーを収めるドマーネ コントロールセンター ©Trek Bicycle CorporationシマノDi2用のバッテリーを収めるドマーネ コントロールセンター ©Trek Bicycle Corporation

 シートチューブのボトルケージの真下には、マドンと同様に、シマノの電動コンポーネント「Di2」用のバッテリーを収められる「ドマーネ コントロールセンター」を備えている。

 また、ユーザーの希望通りのスペックやカラーに応えるため、ドマーネSLRはトレックのカスタムバイクプログラム「プロジェクトワン」からも入手できる(プロジェクトワンで選択できるのはキャリパーブレーキモデルのみ)。

◇         ◇

 トレックの新型「ドマーネSLR」は、日本ではメーンコンポーネントにシマノ アルテグラとアルテグラDi2を採用した完成車3モデルが発売される。価格は59万円~68万円。

トレック ドマーネSLR 6

トレック「ドマーネSLR 6」 ©Trek Bicycle Corporationトレック「ドマーネSLR 6」 ©Trek Bicycle Corporation

フレーム:600シリーズ OCLVカーボン
フォーク:ドマーネ フルカーボン
メーンコンポ:シマノ アルテグラ
ブレーキセット:ボントレガー スピードストップ ダイレクトマウント
ハンドルバー:ボントレガー プロ アイソコア VR-CF 31.8mm
ホイール:ボントレガー アフィニティ コンプ チューブレスレディ
タイヤ:ボントレガー R3 ハードケース ライト(120tpi)700x28c
価格:¥590,000(税込)

トレック ドマーネSLR 6 ディスク

トレック「ドマーネSLR 6ディスク」 ©Trek Bicycle Corporationトレック「ドマーネSLR 6ディスク」 ©Trek Bicycle Corporation

フレーム:600シリーズ OCLVカーボン
フォーク:ドマーネ フルカーボン ディスク(スルーアクスル)
メーンコンポ:シマノ アルテグラ(シフター:シマノ RS685 ハイドロリック)
ブレーキセット:シマノ RS805 ハイドロリック ディスク フラットマウント
ハンドルバー:ボントレガー プロ アイソコア VR-CF 31.8mm
ホイール:ボントレガー アフィニティ コンプ チューブレスレディ ディスク
タイヤ:ボントレガー R3 ハードケース ライト(120tpi)700x32c
価格:¥640,000(税込)

トレック ドマーネSLR 7(Di2仕様)

トレック「ドマーネSLR 7」 ©Trek Bicycle Corporationトレック「ドマーネSLR 7」 ©Trek Bicycle Corporation

フレーム:600シリーズ OCLVカーボン
フォーク:ドマーネ フルカーボン
メーンコンポ:シマノ アルテグラ Di2
ブレーキセット:ボントレガー スピードストップ ダイレクトマウント
ハンドルバー:ボントレガー プロ アイソコア VR-CF 31.8mm
ホイール:ボントレガー アフィニティ コンプ チューブレスレディ
タイヤ:ボントレガー R3 ハードケース ライト(120tpi)700x28c
価格:¥680,000(税込)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクトレック(TREK)のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク|50万円以上

50万円~ トレック ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載