スマートフォン版はこちら

title banner

新製品情報山下晃和さん監修の3WAYトートバッグを発売 自転車のサイドバッグにも使用可能

  • 一覧

 モデルでアドベンチャーサイクリストの山下晃和さんがプロデュースした3WAYトートバッグ「TOKYO TRAVEL TOTE」(トーキョートラベルトート)がMAKKAMON(マッカモン)から4月中旬に発売される。トートバッグ、バックパックに加え、自転車のサイドパニアバッグとしても使用可能で、日々の買い物などデイリーユースからキャンプツーリングまで、幅広いシーンで使うことができる。

MAKKAMON TOKYO TRAVEL TOTE(マッカモン トーキョートラベルトート)MAKKAMON TOKYO TRAVEL TOTE(マッカモン トーキョートラベルトート)

保冷・保温・防水効果

 トーキョートラベルトートは、余計なポケット、ジッパー、ベルクロなどがないシンプルなデザイン。表地はキャンバス地とレザーのバンドで、経年変化を楽しむことができる。裏地は明るいオレンジ色のナイロン素材で、中の小物を探しやすい。裏地には雨水が浸透しないアルミ素材コーティングのナイロンをサンドしているため、保冷・保温効果と防水効果を発揮する。外側が濡れても、中までは浸透しにくい仕組みだ。

 アクセントになるのは、バッグの脇に付いた大きめのバケットポケット。サイドバッグとして使用する際に後ろを向くリフレクターが付いているのもポイントだ。カラーはフォレスト(緑)とマリン(紺)の2色展開。発売当初はマッカモン公式オンラインストアでの取り扱いとなる。

カジュアルなトートバッグとして使用。シンプルでナチュラルな長く使えるデザインカジュアルなトートバッグとして使用。シンプルでナチュラルな長く使えるデザイン
バックパックでの使用。バケットポケットは長い物の持ち運びにも便利バックパックでの使用。バケットポケットは長い物の持ち運びにも便利
自転車のキャリアに装着して、サイドバッグに。バケットポケットにはリフレクター加工が自転車のキャリアに装着して、サイドバッグに。バケットポケットにはリフレクター加工が
上部を内側に折り返せば、カゴ型トートに変身上部を内側に折り返せば、カゴ型トートに変身

モデル&サイクリストの経験をバッグに

 山下さんはファッションモデルとして、広告、WEB、カタログ、雑誌、ショー、ブライダルなどの分野で活躍。またアドベンチャーサイクリストとして、中南米11カ国縦断、東南アジア9カ国横断、ネパール、インド、バングラデシュなど東アジア横断し、計1万4850kmを自転車で走った経験をもち、ツーリング入門の書籍化やトークショー、トラベルライターとしての活動も行っている。トーキョートラベルトートは、モデルとして、またサイクリストとしての山下さんの経験が詰め込まれたバッグだ。

 山下さんとトーキョートラベルトートを共同開発したマッカモンは、東京・浅草発のサイクルカジュアルバッグブランド。自転車をこよなく愛する一人のデザイナーが、「こんなものがあったらいい」を実現するために立ち上げた。自転車の乗り手がより快適に、よりおしゃれに自転車生活を楽しめるモノ作りを目指している。

2リットルペットボトルも入るバケットポケット。長い物を入れるためのドローコードも付いている2リットルペットボトルも入るバケットポケット。長い物を入れるためのドローコードも付いている
自転車のキャリアにサイドバッグとして装着できる3点バックルを装備自転車のキャリアにサイドバッグとして装着できる3点バックルを装備
バックパックストラップを引き出して男性でも女性でも背負えるバックパックにバックパックストラップを引き出して男性でも女性でも背負えるバックパックに
内側はオレンジのナイロン素材。アルミ素材をコーティングして防水・保温効果がある内側はオレンジのナイロン素材。アルミ素材をコーティングして防水・保温効果がある

「百人が百通りの使い方を」 山下晃和さんコメント

モデルでアドベンチャーサイクリストの山下晃和さん。トーキョートラベルトートの製品化には2年をかけたというモデルでアドベンチャーサイクリストの山下晃和さん。トーキョートラベルトートの製品化には2年をかけたという

 普段はトートバッグとして使えて、自転車のキャリアに引っ掛けられるサイドバッグとして使えるバッグを探していました。すると、アメリカのサンフランシスコにある自転車屋さんで、デトアーズというブランドでバックパックにもなる3WAYバッグを見つけました。しかし、このバッグはナイロン素材で容量も小さく、底面が固すぎて、背負いにすると快適性に欠けました。

 もっとシンプルで、ナチュラルな素材で、毎日使える一見トートバッグなカタチ。可能であれば、日本製で、防水で。そしてバックパックにもできること。両手が使えれば、輪行するときにラクだからです。

 また、2リットルの水のボトルを入れられる大きなポケットである、通称バケットポケットを付けて、キャンプツーリングにも行ける容量にしました。22.7リットル。一人用テント、春夏用シュラフ、マット、シングルバーナーなどを入れられます。

 あなたの工夫次第で、ワイン入れにしてもよし、バケットポケットに一輪挿しを入れて花を入れてもよし、お買い物のエコバッグとしても使ってよし、百人が百通りの使い方を試してみてください。

 気が付くと、開発、テスト、製品化までまる2年が経っていました。そんな努力の結晶なのです。

 春になり、自転車ライドに最適な気候で僕は最高にテンションが上がっています。サイドバッグやキャリアが文化になって、可愛いなって思ってもらえて、日本でも普通になれば。そんな想いです。

■MAKKAMON TOKYO TRAVEL TOTE(マッカモン トーキョートラベルトート)
サイズ:22.7L(縦65cm×横28cm×奥行12.5cm)
バケットポケットのサイズ:縦20cm×横7cm×奥行12.5cm
バケットポケットにテストしたもの:フランスパン、ネギ、2リットルペットボトル、テントのポール、大根、野球のバット
カラー:フォレスト(緑)、マリン(紺)
価格:本体23,000円(8%税込み24,840円)

関連記事

この記事のタグ

山下晃和の「ツーリングの達人」 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載