スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2016「GUSTO RCR 1.1」 ビギナー向けカーボンバイクで驚異のコストパフォーマンス

  • 一覧

 「GUSTO」(グスト)は、台湾の自社工場で高品質かつ低価格のフレームを生産するAttaque(アタッキ)社のブランドだ。コンチネンタルチームも運営し、2015年シーズンは日本のレースにも参戦。ツール・ド・熊野でステージ1勝を挙げるなど、アジア各地で好成績を収めている。今回試乗したのは、T-700カーボンを採用するエントリーグレードのRCR1フレームをシマノ・ソラで組み上げた「RCR1.1」。初心者でもスポーツサイクルに親しみやすいよう幅広いギア比設定となっている。

GUSTO RCR 1.1(グスト RCR 1.1) Photo: Masami SATOUGUSTO RCR 1.1(グスト RCR 1.1) Photo: Masami SATOU

GUSTO RCR 1.1(グスト RCR 1.1)
価格:136,000円(完成車、税抜)
サイズ:48、50、53
カラー:イエロー、ブルー
問い合わせ先:アクションスポーツ http://www.actionsports.co.jp/gusto.php

スペック

フレーム:GUSTO RCR1フレーム カーボン
フォーク:GUSTO RCR1フォーク カーボン/カーボンコラム
変速機:シマノ・ソラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・ソラ 50×39×30T、 12-25T(9s)
ホイール:アレックス・RV-5241
重量:9.2kg(完成車)

ダブルステー形状というよりは、モノステーの中央を肉抜きしたようなシートステーのデザイン Photo: Masami SATOUダブルステー形状というよりは、モノステーの中央を肉抜きしたようなシートステーのデザイン Photo: Masami SATOU
上位モデルと遜色のないボリュームを持たせたBB部。メンテナンス性の高い従来規格のスレッド式を採用する Photo: Masami SATOU上位モデルと遜色のないボリュームを持たせたBB部。メンテナンス性の高い従来規格のスレッド式を採用する Photo: Masami SATOU
フレームはエントリーグレードとはいえ、東レT-700を採用する。この価格帯ながらコラムまでカーボンを採用するフォークがセットされている Photo: Masami SATOUフレームはエントリーグレードとはいえ、東レT-700を採用する。この価格帯ながらコラムまでカーボンを採用するフォークがセットされている Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 OEM生産を手がけているカーボンメーカーが自社ブランドでフレームをリリースするのは、これまでも何社かあったけれど、グストはフルカーボンフレームでありながら驚異的なコストパフォーマンスを誇るロードバイクを揃えている。

松尾 良くも悪くもビギナー向けのパーツアッセンブルではあります。それでもこの仕様で完成車が15万円を下回るのはすごいですね。

米山 全体的に、パーツは無理して安価なものをアッセンブルしたという印象で、完成車としてはアンバランスなものになっていると感じた。重量もかなり重たい。

松尾 僕の乗り方にはパーツが合いません。ブレーキはもう少し効いてほしいし、フロント3枚のチェーンリングは必要ありません。でも、コンポーネントを割り切って値段を下げているのと、これからロードバイクを買いたいと思う人にとっては丁度いいスペックかもしれません。低価格化は実現できていますからね。

米山 そうだね。肝心の性能はというと、ロングライドを前提にロードバイクに乗ってみたい人向けだと思った。乗り心地の良さが印象的だったよ。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 フルカーボンフレームの素性は良く、加えてホイールが32本組みなので振動吸収性が高かったです。バランスを考えて、さらにタイヤはもう少しもっちりとした良いタイヤに変えたいですね。

米山 なるほどね。ボクもどんどんアップグレードしていけば、さらに魅力的なバイクになっていくと思った。

松尾 踏んでも応えてくれる剛性感でしたし、上りでも結構しっかり走ります。高速域でやや詰まったのはホイールのせいかなと印象ですし、上りで目立ってしまった重量面も、ライダーのレベルアップに合わせてパーツをアップグレードしていけばいいと思います。ややハンドルがクイックですが、慣れれば問題はないですし、フレームは安っぽさのない走りでした。

米山 安すぎるフルカーボンバイクということで若干心配したけれど、予想を裏切って良い意味でフツーに走る。まずロードバイクに乗ってみたいという人には、価格的な敷居の低さは魅力的だ。

松尾 そうですね。イベントやエンデューロにも問題なく参戦できるフレームなので、コンポーネント類を変えていき、長く楽しめるバイクだと思いました。フレームはもちろん、フォークのコラムまでカーボンということを考えると、やはり破格です。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイク

15~20万円 グスト バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載