title banner

ツール・ド・フランスの“顔”に白羽の矢新城幸也が「フランス観光親善大使」 中村江里子さんとペアで就任

by 上野嘉之 / Yoshiyuki KOZUKE
  • 一覧

 フランス観光開発機構は3月24日、2016年度のフランス観光親善大使に、ツール・ド・フランスに5回出場を果たし、今夏のリオ五輪代表にも選ばれたプロロードレーサーの新城幸也(ランプレ・メリダ)と、パリ在住のフリーアナウンサー、中村江里子さんを選出した。

「フランス観光親善大使」に任命された新城幸也と中村江里子さん =2016年3月24日、駐日フランス大使公邸 Photo: Yoshiyuki KOZUKE「フランス観光親善大使」に任命された新城幸也と中村江里子さん =2016年3月24日、駐日フランス大使公邸 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 駐日フランス大使公邸(東京・南麻布)で同日開かれた2016年フランス観光キャンペーン記者発表会で、観光親善大使の任命式が行われた。フランス観光開発機構は外国からの観光誘致などを担うフランス政府系機関。自転車関係者がフランス観光親善大使に起用されるのは初めて。

新城「シャンゼリゼに日本の応援団を呼びたい」

ツール・ド・フランスでの活躍を誓った新城幸也 Photo: Yoshiyuki KOZUKEツール・ド・フランスでの活躍を誓った新城幸也 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 新城は今年2月のツアー・オブ・カタールで左大腿骨を骨折し、現在は治療とリハビリに励んでいるが、回復を見込んでリオ五輪代表に選ばれ、今年のツール・ド・フランス出場も目指している。いわば日本においてツールの“顔”といえる存在に、フランス観光開発機構が白羽の矢を立てた格好だ。

 松葉杖をついて記者会見に姿を見せた新城は、「大好きなフランスの観光親善大使に任命していただき、とてもうれしい。僕の目で見たフランスをもっともっと発信していきたい」と就任を喜んだ。また今年のレース活動について「ツール・ド・フランスを、パリのシャンゼリゼまで走り切ることが目標。パリへたくさんの日本の応援団を呼べるよう頑張ります」と意欲を見せた。

フランス観光親善大使への意気込みを語る中村江里子さん Photo: Yoshiyuki KOZUKEフランス観光親善大使への意気込みを語る中村江里子さん Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 中村さんは「観光親善大使に任命された意義を真摯に受け止め、頑張っていきたい」と述べ、さらなるフランスの情報発信と観光PRへの貢献を誓った。フランスでの生活については、「買い物の際には必ずマルシェでカートを引いて食材を買う。フランスの食文化は本当に豊か」などと紹介した。

 2人のフランス観光親善大使起用にあたり、ティエリー・ダナ駐日フランス大使は「私以外にも大使が2人誕生した。私に代わって2人に活躍してもらいたい」とユーモアを交えて期待を寄せた。

記者発表会であいさつするティエリー・ダナ駐日フランス大使 Photo: Yoshiyuki KOZUKE記者発表会であいさつするティエリー・ダナ駐日フランス大使 Photo: Yoshiyuki KOZUKE
東京・南麻布の駐日フランス大使公邸で開かれた記者発表会 Photo: Yoshiyuki KOZUKE東京・南麻布の駐日フランス大使公邸で開かれた記者発表会 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 新城は1984年、沖縄県石垣市生まれ。2002年に18歳で渡仏し、2005年までフランスのアマチュアチームでの活動を経て、2009年にフランスチーム「Bbox ブイグテレコム」(現ディレクト エネルジー)とプロ契約を結んだ。その年以降、計5回と日本人最多のツール・ド・フランス出場を果たし、イタリアチームのランプレ・メリダへ移籍した今シーズンもフランスに居を構えて活動している。

 中村さんは1969年生まれ。立教大学を卒業後、1991年からフジテレビのアナウンサーとして活躍し、1999年にフリーアナウンサーになった。2001年にフランス人実業家と結婚し、生活の拠点をパリに移した。現在はパリと東京を行き来しながら著書や雑誌、新聞、ウェブなどでフランスの情報を発信している。3児の母。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載