路上駐輪場を設置繁華街を歩行者の街に 10日、静岡駅で交通社会実験

  • 一覧
放置自転車であふれる静岡市葵区紺屋町の繁華街放置自転車であふれる静岡市葵区紺屋町の繁華街

 歩いて楽しい街づくりと駐輪環境を整備するため、静岡市は10日、市内随一の繁華街「紺屋町地区」を車両規制する「モール化」と、路上駐輪場を設置する社会実験を実施する。

 モール化する区間は、静岡駅北口の目抜き通り「呉服町通り」のうち、パルコから葵タワーの間約200メートル。この区間を24時間車両通行止めとし、利用者の回遊性や周辺道路への影響などを検証する。

 同時に放置自転車を減らすことを目的に、計260台が駐輪可能な路上駐輪場を地区内に2カ所設置する。買い物客が短時間利用することを想定し、最大5時間まで無料で駐輪できる。「放置自転車の問題解決の糸口になれば」と市の交通政策課。

 路上駐輪場は30日まで設置、モール化は11月4日まで実施される。市では利用者や商業者などにアンケート調査を基に、歩行者優先の街づくりに取り組んでいく方針。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載