西村益美のスカイツリー自転車散歩<9>10月9日は「道具の日」! 100周年目の「かっぱ橋道具街」エリアをポタリング

  • 一覧
今回のルート今回のルート

 こんにちは。連載第9回目は、“食”に関わる道具ならばなんでも揃う問屋街、「かっぱ橋道具街」まで足をのばしてきました。今回ポタリングしたルートはこちら

◇      ◇

かっぱ橋本通りから望むスカイツリーかっぱ橋本通りから望むスカイツリー

 この日は天気が良かったので、景色の綺麗な吾妻橋を渡るコースを選択。雷門の前を通過し、かっぱ橋本通りを抜けて、「かっぱ橋道具街」へ。ここは、真正面にスカイツリーを望むことができる絶景ポイントでもあるんですよ。

 かっぱ橋道具街では、10月9日を「道具の日」として、毎年その前後1週間に「かっぱ橋道具まつり」を開催しています。特に今年は、大正元年に誕生したかっぱ橋道具街の“記念すべき100周年目”ということで、抽選会や物産展などが行われ、賑わっていましたよ。

 さすが問屋街! 普段はなかなかお目にかかることができない、食に関わる様々な業務用の道具がずらりと並んでいました。飲食店でよく見かけるそば揚を持ってみると、意外と重い…。

 パスタ用の鍋や包丁、そば打ち用品など気になるものもたくさんありました。いずれ、家のキッチンをレストランみたいにしたいなぁなどと、夢がふくらみます。

サンプル作りが体験できる「元祖食品サンプル屋」。入り口のパスタもおいしそうサンプル作りが体験できる「元祖食品サンプル屋」。入り口のパスタもおいしそう

 そんなかっぱ橋道具街に来たら、絶対に体験してほしいのが「食品サンプル作り体験」! 今回私は、「海老の天ぷら」と「レタス」のサンプル作りを体験してきました。

 「元祖食品サンプル屋」では、昔ながらの“ロウ”を使った食品サンプル作りを体験することができます。ロウを使用した食品サンプルは、温度変化に弱く、壊れやすいという繊細な一面があるため、現在の主流はビニール樹脂製となっています。それでも、職人の技術力が物を言うロウ製の食品サンプル作りは、日本の貴重な伝統工芸として受け継がれ続けています。

◇      ◇

 サンプル作りの手順は、約60℃に温めたトロトロのロウを、40℃前後のお湯の中にたらし、少しずつ固めながら加工を行うことによって、様々な形へ変化させていきます。まずは、「海老の天ぷら」作りにチャレンジ!

 クリーム色のロウをお湯の中にたらし、サクサクの衣を作ります。高い所からジグザグにたらすのが、“美味しい衣”になるポイントだそうですよ。

そこに、ロウでできた海老をのせ、そのままお湯の中で、海老を押さえながらクルンと優しく包んであげると…完成。おいしそう! “高級天ぷら屋さん風”に仕上げてみましたが、どうですか?

まず、クリーム色のロウをお湯の中にたらして、衣を作ります。 高い所からジグザグにたらすのが、“美味しい衣”になるポイントまず、クリーム色のロウをお湯の中にたらして、衣を作ります。 高い所からジグザグにたらすのが、“美味しい衣”になるポイント
ロウでできた海老を衣にのせ、そのままお湯の中で、海老を押さえながらクルンと優しく包むロウでできた海老を衣にのせ、そのままお湯の中で、海老を押さえながらクルンと優しく包む
“高級天ぷら屋さん風”の海老天サンプルのできあがり!“高級天ぷら屋さん風”の海老天サンプルのできあがり!

 続いては「レタス」のサンプル作り。こちらは、2色のロウを使います。まずは、白いロウでレタスの芯の部分を作ります。

 ゆっくり流して、おたまの底を使って、優しく広げてあげてくださいね。そこに、レタスの葉っぱの元となる緑色のロウをたらします。

 ここからが最大の難所。端っこを持って、まずは底に着くまで下に押し、そこからゆーっくりお湯の中にロウ全体をくぐらせて手前に持ち上げていくと…

白いロウはレタスの芯の部分。 ゆっくり流して、おたまの底を使って、優しく広げる白いロウはレタスの芯の部分。 ゆっくり流して、おたまの底を使って、優しく広げる
白いロウに、緑色のロウを重ねる白いロウに、緑色のロウを重ねる
ロウの端っこを持って、まずは底に着くまで下に押し…ロウの端っこを持って、まずは底に着くまで下に押し…

 …なんとハンカチのように大きく広がります。レタスっぽいしわ感もちゃんとあるんですよ。先生からは、「上手にできましたね」とお褒めの言葉をもらいました。

 これを、優しくクルクルと左右に丸めていくと…“鮮度抜群、美味しそうな”レタスが完成しました。丸めるときに、ふわっと扱うのがポイント。そうすると、大きくて美味しそうな見た目になるそうですよ。

ゆっくり引き上げると、こんなに大きく広がりますゆっくり引き上げると、こんなに大きく広がります
広げたロウをクルクルと左右に丸めて…広げたロウをクルクルと左右に丸めて…
“おいしそうな”レタスになりました“おいしそうな”レタスになりました
カットしている様子はまるで本物のレタスカットしている様子はまるで本物のレタス

 包丁で切る様子は、なんだか本物のレタスみたいですよね。断面もとても綺麗です。

 自分で作ったサンプルは、「お持ち帰りOK」とのこと。小学校4年生以上であれば、誰でも体験することができるそうなので、みなさんもぜひ遊びに行ってみてくださいね(要予約)。

◇      ◇

 集中して作業していたためか、ちょっぴりお腹が空いてきてしまいました。ブースターカフェバイスコットの「下町周遊マップ」にも掲載されている「シーラボプロジェクト」でひと休み。緑の多いオープンカフェはこれからの時期にぴったりです。

 秋の新作である「和栗のモンブラン」と、甘酸っぱいベリーのソースと濃厚なチョコレートとの相性がバツグンな「ショコラルージュ」をチョイス。

「下町周遊マップ」にも掲載されている「シーラボプロジェクト」「下町周遊マップ」にも掲載されている「シーラボプロジェクト」
秋の新作「和栗のモンブラン」と「ショコラルージュ」=シーラボプロジェクト(東京都台東区)秋の新作「和栗のモンブラン」と「ショコラルージュ」=シーラボプロジェクト(東京都台東区)

 ブースターカフェバイスコットの自転車で来店したことをお伝えし、「バイシクルパス」をお見せしたところ、「サブレー1枚プレゼント」という“粋”なサービスを受けることができました。

 そのほか、バイシクルパスで“粋”なサービスが受けられる東京スカイツリー周辺お店はこちらからチェックできます。涼しくなり、爽やかで気持ちのいい秋のポタリング、みなさんもぜひレンタサイクルして下町散策に出かけてみてくださいね♪

ブースターカフェ バイ スコット HP www.boostercafe.net
ブースターカフェ バイ スコット Facebook www.facebook.com/boostercafe

西村益美西村益美(にしむら・ますみ)
2006年に女性のみで結成された自転車チーム「TEAM elephant」のリーダーを務める。自転車の魅力をオシャレに楽しく女性目線で伝える活動に力を入れている。ホノルルセンチュリーライド、東京センチュリーライド、石垣島トライアスロンなどに多数出場経験あり。日本語教師やダイビングライセンスの資格を持ち、趣味は自転車、トライアスロンなど。
ブログURL(http://ameblo.jp/team-elephant/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

西村益美のスカイツリー自転車散歩

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載