title banner

まさみんのゆるゆる自転車女子旅<12>海辺の景色と地元の魚介を満喫 房総半島の“花の街”で春を先取りライド

by 龍野雅美 / Masami TATSUNO
  • 一覧

 河津桜の時期も過ぎ、ご近所の桜ライドにはまだ早いし、ちょっと寒い。そんなときにおススメなのが、春を先取りできる房総半島です。都心では真冬の寒さが戻った週末も、菜の花の見ごろを迎えた房総半島はポカポカ陽気のなかで走ることができました。週末に楽しめる房総半島での日帰りライドをレポートします。

鴨川シ―ワールドの前でシャチジャンプ! 時間がたっぷりあったら立ち寄りたいスポット。シャチのショーを観たかった~ Photo: Masami TATSUNO鴨川シ―ワールドの前でシャチジャンプ! 時間がたっぷりあったら立ち寄りたいスポット。シャチのショーを観たかった~ Photo: Masami TATSUNO

ここなら春の景色を楽しめる

車窓いっぱいにひろがる海を眺めていたら、早く走りたい気持ちがウズウズ。思わず予定より手前の安房小湊駅で下車 Photo: Masami TATSUNO車窓いっぱいにひろがる海を眺めていたら、早く走りたい気持ちがウズウズ。思わず予定より手前の安房小湊駅で下車 Photo: Masami TATSUNO

 新宿駅から特急新宿わかしお号に乗り、約2時間で今日のスタート地点である安房鴨川に向かう。の、つもりがトンネルを抜けた瞬間に窓一杯にひろがる海の景色に大興奮! 今回のライド仲間が「早く走りたい!」と騒ぎだすから、ついついフライング下車してしまいました(笑) スタート前から予想外の展開。「どうしよう、着いてないのに降りちゃったよ! ゴールの館山にちゃんとたどり着けるのかな…」

 でも、降りて大正解! 下車した安房小湊駅は、すぐ目の前に海が広がっていました。さっさと自転車を組み立てて出発。海岸線に沿った道は、スピードを緩急させつつ、クネクネとカーブを描きながら走っていくのがとても楽しい。遠くに見える水平線だけではなく、ペダルを漕ぐ足元でも、防波堤に描かれたイルカやカメ、ポピーやダリアの花壇などが目を楽しませてくれました。

お花だけではなく、イルカやカメなどのかわいいウォールペイントもいろいろなところで目にすることができる。おもてなしの心が感じられて走っているだけでも楽しい Photo: Masami TATSUNOお花だけではなく、イルカやカメなどのかわいいウォールペイントもいろいろなところで目にすることができる。おもてなしの心が感じられて走っているだけでも楽しい Photo: Masami TATSUNO
キンギョソウ。こんなにたくさんの色があるなんて知らなかった! Photo: Masami TATSUNOキンギョソウ。こんなにたくさんの色があるなんて知らなかった! Photo: Masami TATSUNO

ランチは魚介がおススメ

なんでだろう。いくつになっても、海をみるとはしゃいでしまう(笑) Photo: Masami TATSUNOなんでだろう。いくつになっても、海をみるとはしゃいでしまう(笑) Photo: Masami TATSUNO

 寄り道好きの私たちは、ビーチを見つけては自転車を降り、走り回って遊んでいました。遠浅の海岸が多く、砂浜に薄く張った水面に映る姿をみてプチ「ウユニ塩湖」体験。花畑を見つけたら、すぐさまカメラを取り出して写真で花摘み。こんなのばっかりだからなかなか先には進めない…。予想通り、予定外のライドが続きます。

 午後1時を過ぎても予定していたランチスポットにたどり着けず、たまたま前を通ったお店に入ることにしました。これもまた大正解! 店主自ら漁に出て捌いたという魚料理は、新鮮でとってもおいしい! 私がいただいた郷土料理の「さんが焼」(鯵のなめろうを焼いたもの)はご飯と相性がよくて、お箸がどんどん進むおいしさです。最後には、デザートまでついてくる幸せ。「活魚料理 綱元」さん、また行きたいお店です。

活魚料理 綱元
住所:千葉県南房総市千倉町瀬戸2980-139

〔活魚料理 綱元〕店主が毎朝自ら漁に出て食材を仕入れてくるそう。おススメの地魚の盛り合わせ定食。ホントにおいしい、大満足の盛り合わせ Photo: Masami TATSUNO〔活魚料理 綱元〕店主が毎朝自ら漁に出て食材を仕入れてくるそう。おススメの地魚の盛り合わせ定食。ホントにおいしい、大満足の盛り合わせ Photo: Masami TATSUNO
お店のお母さんが「よかったらどうぞ」と出してくれたあんみつ。「甘いものが食べたいな~」と話していたときだったのでうれしすぎるサプライズに感動! Photo: Masami TATSUNOお店のお母さんが「よかったらどうぞ」と出してくれたあんみつ。「甘いものが食べたいな~」と話していたときだったのでうれしすぎるサプライズに感動! Photo: Masami TATSUNO

 再び走り始めると、波打ち際で何かを収穫している人たちを発見。気になって話しかけてみました。

 「ハバっていう海苔を獲ってるんだよ。このあたりの人は乾燥させて焼いて食べるんだよ。味噌汁なんかにいれると絶品だよ」

 話し終わると、再び黙々と収穫にもどる地元のお父さん。よほど美味しいのでしょう。たしかに、走っていると磯の香りがしてきて、何度も空腹を刺激されました(だからランチは、絶対に魚介がおススメ!)。房総フラワーラインは海産物のお店が多く並ぶだけではなく、朝日も夕日も観られる野島崎灯台など、海の街ならではの観光スポットが充実しています。

房総半島最南端の地の石碑の前にある、岩の階段を登ったところにあるベンチ。朝日も夕日も見れる絶景スポット Photo: Masami TATSUNO房総半島最南端の地の石碑の前にある、岩の階段を登ったところにあるベンチ。朝日も夕日も見れる絶景スポット Photo: Masami TATSUNO
パノラマに広がる菜の花の黄色と海の青 Photo: Masami TATSUNOパノラマに広がる菜の花の黄色と海の青 Photo: Masami TATSUNO
ハバ海苔の収穫中。乾燥させて焼いて食べるそうです。味噌汁にいれると磯の香りがして、絶品らしい! Photo: Masami TATSUNOハバ海苔の収穫中。乾燥させて焼いて食べるそうです。味噌汁にいれると磯の香りがして、絶品らしい! Photo: Masami TATSUNO

 今回のゴールである館山駅には、サンセットがきれいな北条海岸が歩いてすぐの場所にあります。ここでライドで疲れた体をヨガでほぐし、太陽の力を体いっぱいに吸い込んでから再び特急でぴゅーっと帰るのがまさみんのおススメコース。

海岸沿いの道を離れ館山へ。最後は館山駅の近くにある北条海岸でライド後のヨガストレッチ Photo: Masami TATSUNO海岸沿いの道を離れ館山へ。最後は館山駅の近くにある北条海岸でライド後のヨガストレッチ Photo: Masami TATSUNO

道の駅はどれも個性的

〔道の駅和田浦WA・O!〕なんとシロナガスクジラの全身骨格が!胸ビレのところがなんかかわいい。しかし、顎が骨格の1/3を占めるほど大きいってすごい… Photo: Masami TATSUNO〔道の駅和田浦WA・O!〕なんとシロナガスクジラの全身骨格が!胸ビレのところがなんかかわいい。しかし、顎が骨格の1/3を占めるほど大きいってすごい… Photo: Masami TATSUNO

 海と花のサイクリングが楽しめる房総半島。でも、それだけじゃない! 房総半島の面白いところは、道の駅がただの道の駅じゃないというコト。どこの道の駅にもテーマやコンセプトがしっかりあって、どれも個性的です。鴨川オーシャンパーク、潮風公園、枇杷づくし。名前を見ただけでもワクワクしてきます。

 私のおススメはローズマリー公園です。この道の駅には食のテーマパークである「はなまる市場」があり、名産である枇杷や落花生を使った商品、地域でとれた旬の野菜が並びます。たくさんの種類の切り花も売られていて、この時ばかりは「たくさん買い物したい…クルマで来ればよかったー」と後悔してしまいました。

〔道の駅ローズマリー公園〕キャベツの芽や菜の花など、おいしそうな春野菜もたくさんありましたよー Photo: Masami TATSUNO〔道の駅ローズマリー公園〕キャベツの芽や菜の花など、おいしそうな春野菜もたくさんありましたよー Photo: Masami TATSUNO
道の駅ローズマリー公園 Photo: Masami TATSUNO道の駅ローズマリー公園 Photo: Masami TATSUNO

 ここでは初めて見たクジラコロッケをおやつにいただきました♡ 道の駅ちくら潮風王国ではひじきコロッケやさざえコロッケもあったので、みんなで買って食べ比べするのも楽しそう。他の道の駅では、植物園やシロナガスクジラの全身骨格など、道の駅では普通見られないものがたくさんありました。道の駅巡り、楽しいこと間違いなしです。

〔道の駅ちくら 潮風王国〕生け簀には蟹やヒラメ、ほうぼうなどが泳いでいましたよ。ここから配送もできるみたい Photo: Masami TATSUNO〔道の駅ちくら 潮風王国〕生け簀には蟹やヒラメ、ほうぼうなどが泳いでいましたよ。ここから配送もできるみたい Photo: Masami TATSUNO
〔道の駅鴨川 鴨川オーシャンパーク〕ピラミッド型の建物のまわりには、暖かくなると海水をはって人工磯のプールができるそうです Photo: Masami TATSUNO〔道の駅鴨川 鴨川オーシャンパーク〕ピラミッド型の建物のまわりには、暖かくなると海水をはって人工磯のプールができるそうです Photo: Masami TATSUNO
ぴーなっつ最中(なごみの米屋1個税込108円)。あまりのかわいさに即買い。お土産にもちょうどいい♪時々、幸せのクローバーを握ったレアデザインがあるらしい! Photo: Masami TATSUNOぴーなっつ最中(なごみの米屋1個税込108円)。あまりのかわいさに即買い。お土産にもちょうどいい♪時々、幸せのクローバーを握ったレアデザインがあるらしい! Photo: Masami TATSUNO

 ずっと行ってみたいと思っていた房総半島。楽しくて寄り道ばっかりしていたら、時間がなくなって予定の半分しか回れないままショートカットすることになりました。うー、また行きたい! 次回は久里浜ー金谷を通るフェリーを使って、西側を回るのも楽しいかも~。帰りの電車でそんな予定を練りながら、お土産に買ったかわいいピーナッツ最中をひとつ、こっそり自分用にとポケットに忍ばせたのでした。

龍野雅美龍野雅美(たつの・まさみ)

1984年生まれ、埼玉県在住。平日はふつうの働き女子(アラサー女子)、休日は自転車、ときどきライター。2010年に初参加した四国一周サイクリングイベント「コグウェイ四国」がきっかけで自転車旅に夢中に。以来、日本各地へ自転車とともにでかけ、そろそろ海外での自転車旅も…と夢見ている。自転車の楽しみ方と埼玉の魅力を発信する「ポタガール」としても活動し、ポタガールらが登場するウェブサイト「ポタ日和」で情報発信をしている。ワールドサイクルブログ「ポタガール まさみんです!」でも執筆中。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ゆるゆる自転車女子旅

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載