僅差で逃げ切った小集団でスプリント鈴木譲がチーム本拠地で歓喜の勝利 Jプロツアー開幕戦「宇都宮クリテリウム」

  • 一覧

 ロードレースの国内シリーズ戦「Jプロツアー」(JPT)の今季開幕戦「宇都宮クリテリウム」が3月20日、宇都宮市の清原工業団地の特設コースで開催され、逃げきった少人数でのスプリントを宇都宮ブリッツェンの鈴木譲が制し、チームの地元で嬉しい勝利を飾った。

逃げ切り、地元で勝利を挙げた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO逃げ切り、地元で勝利を挙げた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO

4周目で飛び出した8人

 レースは平坦な3kmの周回コースを20周回、計60kmで争われ、途中、5周回ごとにスプリント賞が設けられた。決勝には2組に分けられた予選を通過した50人ずつ、合計100人が駒を進めた。

決勝に残った100人が開幕戦のスタートラインに並んだ Photo: Shusaku MATSUO決勝に残った100人が開幕戦のスタートラインに並んだ Photo: Shusaku MATSUO
スタート直後のメーン集団 Photo: Shusaku MATSUOスタート直後のメーン集団 Photo: Shusaku MATSUO

 レースが動いたのは4周目で、阿部嵩之や増田成幸、鈴木譲(いずれも宇都宮ブリッツェン)、アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)ら8人が飛び出して逃げ集団を形成した。メーン集団はこれを見送り、30秒ほどのリードを許すも、メンバーを逃げ集団に送り込めていないチームUKYO勢が牽引。一方、逃げ集団では各選手が協調し、スムーズなローテーションでハイスピードを維持した。

背後に迫るメーン集団

 15周目には増田や鈴木譲がアタックを繰り出し、鈴木譲がスプリント賞を獲得。この動きで逃げ集団から数名の選手が脱落し、脚の残るメンバーだけでさらに逃げ続けた。

 メーン集団をコントロールしていたチームUKYO勢だったが、徐々に疲労の色がみえ、逃げ集団との差は思うように詰まらない。代わってニールプライド南信スバルや、吉田隼人を擁するマトリックスパワータグ勢がメーン集団前方へと上がり、ゴールスプリントに向けて激しい位置取り争いを繰り広げた。

メーン集団を追うチームUKYO Photo: Shusaku MATSUOメーン集団を追うチームUKYO Photo: Shusaku MATSUO
逃げグループを牽引する阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO逃げグループを牽引する阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO

 最終ラップに入り、逃げ集団とメーン集団とのタイム差は10秒を下回った。あわや大集団スプリントになるかと思われたが、最終コーナーを抜けて最初にホームストレートへ現れたのは逃げグループだった。背後にメーン集団が迫るなか、センターでスプリントを開始した鈴木譲が入部正太郎(シマノレーシング)を僅差で下して優勝。3位は同じく逃げ集団にいたフェルナンデスだった。

「無心でガッツポーズが出た」

 表彰式で大勢の地元ファンに祝福された鈴木は、ゴールの瞬間について問われ「無心でガッツポーズが出た」と喜びを語った。

左から2位の入部正太朗(シマノレーシング)、優勝した鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、3位だったアイラン・フェルナンデス(マトリックス パワータグ) Photo: Shusaku MATSUO左から2位の入部正太朗(シマノレーシング)、優勝した鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、3位だったアイラン・フェルナンデス(マトリックス パワータグ) Photo: Shusaku MATSUO
豪快に行われたシャンパンファイト Photo: Shusaku MATSUO豪快に行われたシャンパンファイト Photo: Shusaku MATSUO

 2位の入部は、「逃げ集団はきれいにローテーションができ、(チームでは1人だったが)数的な不利はなかった。しかし鈴木選手には敵わなかった」、3位のフェルナンデス「(チームメートの)吉田でスプリント勝負をしたかったが、ブリッツェンが強かった」と、共に宇都宮ブリッツェンをたたえた。

 Jプロツアーの次戦は4月10日、岐阜県関ケ原町で「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」が開催される。

P1結果(60.0km)
1 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) 1時間20分20秒
2 入部正太朗(シマノレーシング)
3 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
4 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
5 ジョン・アヴェラストゥリ(チームUKYO) +1秒
6 福田真平(愛三工業レーシングチーム)
7 田窪賢次(マトリックスパワータグ)
8 野中竜馬(キナン サイクリングチーム) +2秒
9 畑中勇介(チームUKYO) +1秒
10 小橋勇利(シマノレーシング)

Jプロツアーリーダー(ルビーレッドジャージ)
鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)

U23リーダー(ピュアホワイトジャージ)
田窪賢次(マトリックスパワータグ)

F(女子)結果(24.0km)
1 吉川美穂(ライブガーデン・ヴェチステンレ) 37分50秒
2 針谷千紗子(ライブガーデン・ヴェチステンレ)
3 唐見実世子(弱虫ペダル サイクリングチーム) +1秒
4 棟近陽子(BHアスティーフォ)
5 金子広美(イナーメ信濃山形-F) +2秒
6 高橋瑞恵(イナーメ信濃山形-F)

Jフェミニンリーダー(シスターローズジャージ)
吉川美穂(ライブガーデン・ヴェチステンレ)

表彰式ステージの前には多くの観客が詰めかけた Photo: Shusaku MATSUO表彰式ステージの前には多くの観客が詰めかけた Photo: Shusaku MATSUO

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・レース Jプロツアー Jプロツアー2016 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載