ティレーノ~アドリアティコ第6ステージヴァンアーヴルマートがサガンとのマッチスプリント制す 総合リーダージャージも獲得

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 イタリアで開催されているUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「ティレーノ~アドリアティコ」の第6ステージが3月14日、カステルライモンドからチェパガッティまでの210kmで争われ、フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム)がペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ)とのマッチスプリントを制した。ヴァンアーヴルマートはタイムボーナスを加え総合首位のズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ)を逆転し、総合リーダージャージを獲得した。

ペテル・サガン(ティンコフ)とのマッチスプリントをフレッヒ・ヴァンアーヴルマート(BMCレーシングチーム)が制した Photo: Yuzuru SUNADAペテル・サガン(ティンコフ)とのマッチスプリントをフレッヒ・ヴァンアーヴルマート(BMCレーシングチーム)が制した Photo: Yuzuru SUNADA

 初日にイタリア半島の西からスタートした一行が、いよいよ東にたどり着く平坦ステージ。終盤に11.4kmの周回コースを2周半するレイアウトで、ゴールまで5kmにわたって上りが続く。

 最難関山岳の第5ステージが降雪により中止になった影響で、初日のチームTTで上位だった選手たちがスタート時に総合上位を占めていた。翌日の最終第7ステージは、10kmの個人タイムトライアル(TT)で争われるため、山岳が得意でない選手にも総合優勝の可能性が出てきた。

サガンのため先頭集団を牽引するダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ) Photo: Yuzuru SUNADAサガンのため先頭集団を牽引するダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ) Photo: Yuzuru SUNADA

 ゴールまで2周回となる、残り22.8kmの中間スプリントポイントに向けて、ティンコフのトレインがメーン集団を牽引し逃げ集団を吸収した。ティンコフは、この日のスタート時点で14秒遅れの総合7位につけ、ポイント賞ジャージを着るサガンの中間スプリント獲得のため、24km地点からさらにペースを上げた。8選手が集団から抜け出したなか、サガンが狙い通りに中間スプリントをトップ通過し、タイムボーナスとポイント獲得に成功した。

総合リーダージャージを着るズデニェック・シュティバル(チェコ)のエティックス・クイックステップリーダージャージを着るズデニェック・シュティバル(エティックス・クイックステップ) Photo: Yuzuru SUNADA

 一時的な飛び出しと思われたが、中間ポイントの通過時点で、先頭と集団の差は20秒まで開いていた。先頭の8人は、総合リーダージャージを着るズデニェック・シュティバル(チェコ)のエティックス・クイックステップが3人、サガンのティンコフが3人、ヴァンアーヴルマート、ミハウ・クフィアトコフスキー(ポーランド、チーム スカイ)という顔触れ。逃げ切りに向けた協調体制が築かれた。

 メーン集団では多くのチームが追い上げを図ったが、先頭集団は吸収されることなく、緊張感のあるせめぎ合いが続いた。残り1kmを切り、数秒差でメーン集団が迫るなか、先頭集団はアシストが役目を終え4人のエースに絞られた。

 わずかな牽制のあと、クフィアトコフスキーがアタックし、ここでシュティバルが脱落。しかしサガンとヴァンアーヴルマートはこの攻撃に耐え抜き、クフィアトコフスキーを抜き去った。そして最終ストレート、先に仕掛けたサガンに食らいついたヴァンアーヴルマートが、わずかな差で競り勝った。その2秒後にクフィアトコフスキー、4秒後にシュティバル、そして7秒後にメーン集団がゴールした。

3位でゴールしたミハウ・クフィアトコフスキー(チーム スカイ) Photo: Yuzuru SUNADA3位でゴールしたミハウ・クフィアトコフスキー(チーム スカイ) Photo: Yuzuru SUNADA
総合首位に浮上したフレッヒ・ヴァンアーヴルマート(BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA総合首位に浮上したフレッヒ・ヴァンアーヴルマート(BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA

 最終ステージの個人TTを残し、個人総合ではヴァンアーヴルマートが首位に浮上、シュティバルが7秒差の2位、サガンが8秒差の3位と続いている。4位のボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ)までは21秒の差が開いた。

第6ステージ結果
1 フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム) 4時間34分14秒
2 ペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ) +0秒
3 ミハウ・クフィアトコフスキー(ポーランド、チーム スカイ) +2秒
4 ズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) +4秒
5 カレブ・イーウェン(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) +7秒
6 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +7秒
7 サーシャ・モドロ(イタリア、ランプレ・メリダ) +7秒
8 ユルヘン・ルーランツ(ベルギー、ロット・ソウダル) +7秒
9 ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バルディアーニ・チーエッセエッフェ) +7秒
10 モレノ・ホフラント(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +7秒

個人総合
1 フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム) 20時間30分43秒
2 ズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) +7秒
3 ペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ) +8秒
4 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) +21秒
5 ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、エティックス・クイックステップ) +21秒
6 ティボ・ピノー(フランス、エフデジ) +28秒
7 セバスチャン・ライヘンバッハ(スイス、エフデジ) +28秒
8 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ) +30秒
9 ミハウ・クフィアトコフスキー(ポーランド、チーム スカイ) +31秒
10 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +34秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ティレーノ~アドリアティコ2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載