パリ~ニース2016 第5ステージルツェンコが残り15kmを独走 集団の猛追を振りきってV、個人総合でも2位に浮上

by 澤野健太 / Kenta SAWANO
  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「パリ~ニース」の第5ステージが3月11日、フランスのポール・トロワ・シャトーからサロン・ド・プロヴァンスまでの198kmで争われ、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)がゴール前15kmから逃げ切り優勝。総合でも2位に躍り出た。総合首位のマイヨジョーヌはマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)がキープ。別府史之(トレック・セガフレード)はトップから29分40秒遅れの154位でゴールした。

第5ステージで最後の15㎞を独走しガッツポーズでゴールするアレクセイ・ルツェンコ ©ASO/G.Demouveaux第5ステージで最後の15㎞を独走しガッツポーズでゴールするアレクセイ・ルツェンコ ©ASO/G.Demouveaux

 ツール・ド・フランスでおなじみの山岳「モン・バントゥー」を中腹まで上るなど、71.5kmに1級山岳、後半に2級山岳を3か所通るアップダウンの大きいコース。最後には、いよいよ地中海に近いサロン・ド・プロバンスの市街地にゴールする。

 残り40km付近でアントワーヌ・デュシェーヌ(カナダ、ディレクトエナルジー)が単独で逃げる展開に。残り17kmでルツェンコが追いつき、先頭は2人となったが、各チームとも翌日からの本格的な山岳に備え、積極的には動かない展開が続いた。

第5ステージを制し表彰されるアレクセイ・ルツェンコ ©ASO/G.Demouveaux第5ステージを制し表彰されるアレクセイ・ルツェンコ ©ASO/G.Demouveaux
初日から連続でマイヨジョーヌを守ったマイケル・マシューズ ©ASO/G.Demouveaux初日から連続でマイヨジョーヌを守ったマイケル・マシューズ ©ASO/G.Demouveaux

 残り15kmでルツェンコがデュシェーヌを振り切り単独でエスケープ。30秒ほどだった集団との差は、残り10kmで40秒差へと拡大し、下り基調の終盤を時速55㎞で駆け続けた。

 メーン集団はペースを上げて猛追したが、ゴール前3kmから連続する2か所のラウンドアバウト(環状交差点)で集団が衝突回避のためバラバラになり減速。2012年ロード世界選手権のU23王者、ルツェンコが21秒差でかわし、ガッツポーズでゴールした。

 

第5ステージ結果
1 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム) 5時間00分26秒
2 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、チーム カチューシャ)+0秒
3 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)+0秒
4 ダヴィデ・チモライ(イタリア、ランプレ メリダ) +0秒
5 セップ・ヴァンマルク(ベルギー、チーム ロットNLユンボ) +0秒
6 ピーテル・スライ(ベルギー、エティックス・クイックステップ) +0秒
7 ヴィセンテ・レイネス(スペイン、イアム サイクリング)
8 レオナルド・ドゥケ(コロンビア、デルコ・マルセイユプロバンス・カテエム) +0秒
9 オリヴル・ナーセン(ベルギー、イアム サイクリング) +0秒
10 アルノー・ジャネソン(フランス、コフィディス) +0秒
154 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +29分40秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 19時間24分58秒
2 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)+6秒
3 トム・デュムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +18秒
4 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、キャノンデール プロサイクリングチーム) +23秒
5 ヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム)
6 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ)
7 リーウ・ウェストラ(オランダ、アスタナ プロチーム) +28秒
8 ドゥリース・デーヴェニェンス(ベルギー、イアム サイクリング)+29秒
9 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +31秒
10 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)
153 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +34分20秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 53 pts
2 ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) 33 pts
3 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、チーム カチューシャ) 26 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ヘスス・エラダ(スペイン、モビスター チーム) 28 pts
2 アントワーヌ・デュシェーヌ(カナダ、ディレクトエナルジー)24 pts
3 アルノー・クーテル(フランス、エフデジ) 18 pts

チーム総合
1 アスタナ プロチーム  58時間16分10秒
2 モビスター チーム  +5秒
3 キャノンデール プロサイクリングチーム +21秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー パリ~ニース2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載