ティレーノ~アドリアティコ2016 第2ステージシュティバルがラスト3kmを独走して優勝 総合リーダージャージも獲得

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「ティレーノ~アドリアティコ」の第2ステージが3月10日、イタリアのカマイオーレ〜ポマランチェまで207kmで争われ、ラスト3kmで単独で飛び出したズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ)が後続を振り切り優勝した。シュティバルは総合リーダー、ポイント賞、山岳賞ジャージを同時に獲得した。

ラスト3kmを独走したズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) Photo: Yuzuru SUNADAラスト3kmを独走したズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) Photo: Yuzuru SUNADA
総合リーダージャージを着てスタートしたダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA総合リーダージャージを着てスタートしたダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA

 レースは序盤から5人が飛び出して逃げグループを形成。総合リーダージャージを着るダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム)擁するBMCレーシンチームがメーン集団をコントロールする形で進んでいった。逃げグループは後方に対して一時は6分のタイム差を築いたが、高速ダウンヒル区間でペースアップしたメーン集団にラスト10km地点で捉えられた。

レースをコントロールし続けたBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADAレースをコントロールし続けたBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADA

 ラスト3.5km、最大斜度18%の急坂区間でミルコ・セルヴァッジ(イタリア、アンドローニジョカットリ・シデルメク)が単独でアタックを開始。セルヴァッジはまもなく捕まったが、ディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)がカウンターアタックを繰り出し、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)らが続いた。

 坂が終わり、先頭集団が一息ついた一瞬の隙をついてシュティバルが単独でカウンターアタック。集団は縦一列で追うも、短い距離で入り組んだコーナーが現れるコースレイアウトに阻まれ、シュティバルを捉えることができない。残り1kmの距離からニバリが飛び出し単独で追ったが届かず、シュティバルは独走で優勝を飾った。2位にはラスト100mからの伸びをみせたペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ)が入り、ボアッソンハーゲンが3位となった。

シュティバルは勝利の他に、3つの賞を獲得した Photo: Yuzuru SUNADAシュティバルは勝利の他に、3つの賞を獲得した Photo: Yuzuru SUNADA

 優勝したシュティバルはゴール後、「ラスト3kmが非常にテクニカルなコースということは以前から知っており、自分にとって有利だということはわかっていた」と答えた。シュティバルはステージ優勝したことでボーナスタイム10秒を獲得。総合成績で2位に9秒差をつけた。また、山岳賞ジャージとポイント賞ジャージも同時に獲得した。

第2ステージ結果
1 ズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) 5時間10分3秒
2 ペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ) +1秒
3 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ) +1秒
4 サイモン・クラーク(オーストラリア、キャノンデール プロサイクリングチーム) +1秒
5 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +1秒
6 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +1秒
7 フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム) +1秒
8 ティシュ・ブノート(ベルギー、ロット・ソウダル) +1秒
9 ミハウ・クフィアトコフスキー(ポーランド、チーム スカイ) +1秒
10 ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、エティックス・クイックステップ) +1秒

個人総合
1 ズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ) 5時間33分50秒
2 フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム) +9秒
3 ティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +9秒
4 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシングチーム) +9秒
5 ダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム) +9秒
6 ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、エティックス・クイックステップ) +11秒
7 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) +11秒
8 ペテル・サガン(スロバキア、ティンコフ) +14秒
9 ティボ・ピノー(フランス、エフデジ) +18秒
10 セバスチャン・ライヘンバッハ(スイス、エフデジ) +18秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ティレーノ~アドリアティコ2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載