パリ~ニース2016 第3ステージ山岳で雪に包まれレースは途中キャンセル ステージ順位なし、総合順位も変動なし

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 フランスで開催されているUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「パリ~ニース」の第3ステージが3月9日、キュセからモン・ブルイィまでの168kmで行われたが、雨が雪に変わり、路面状況が悪化したため、98km地点でこの日のレースはキャンセルとなった。ステージ順位が付かなかったため、総合首位のマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)をはじめ総合順位の変動はない。総合111位の別府史之(トレック・セガフレード)はトラブルなくこの日を終え、翌日に駒を進めた。

天候が悪化するなか走るメーン集団の選手たち。レースはキャンセルに  Photo: ASO/G.Demouveaux天候が悪化するなか走るメーン集団の選手たち。レースはキャンセルに Photo: ASO/G.Demouveaux

 この日は3級山岳を5つ越えてから終盤に2級山岳を2つ上っての山頂ゴールという、アップダウンのレイアウトだった。冷たい雨のなかスタートしたレースは、序盤から十数人がメーン集団から抜け出す形で進んだ。2つ目の山岳ポイントを前に、アレクシー・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)、ローラン・ディディエ(ルクセンブルク、トレック・セガフレード)の3人が先行した。

チームカーに乗り込む選手たち Photo: ASO/G.Demouveauxチームカーに乗り込む選手たち Photo: ASO/G.Demouveaux

 2つ目の山岳を終えてヘスス・エラダ(スペイン、モビスター チーム)、トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)が先頭に加わった。しかし、雨から雪に変わった天候は、標高の高い3つ目の山岳ポイントを前にさらに悪化。逃げから1分半ほどで追っていたメーン集団は、大幅なスローダウンを余儀なくされた。

 逃げとの差が3分30秒となった98kmの補給地点で、レースは一旦中断となった。この時点での気温は約0℃、周辺は雪に包まれた。標高が下がる125km地点までクルマで移動し、逃げとメーン集団のタイム差を保ってレースを再開すると一度は発表されたが、そのおよそ15分後、この日のレース中止が決定した。通過した山岳ポイントと中間スプリントのポイントは加算されるが、ステージ順位は付かず、総合順位も前日のまま変動しないことになった。

第3ステージ結果
<雪によりキャンセル>

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 9時間41分46秒
2 トム・デュムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +14秒
3 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、キャノンデール プロサイクリングチーム) +19秒
4 ヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム) +19秒
5 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) +19秒
6 リーウ・ウェストラ(オランダ、アスタナ プロチーム) +24秒
7 ドリース・デヴェニンス(ベルギー、イアム サイクリング) +25秒
8 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) +25秒
9 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +27秒
10 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +27秒
111 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +4分57秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 38 pts
2 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 21 pts
3 ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) 18 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム) 4 pts
2 ダビ・デラクルス(スペイン、エティックス・クイックステップ) 4 pts
3 アントニー・ドゥラプラス(フランス、フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト) 4 pts

チーム総合
1 モビスター チーム 29時間6分27秒
2 キャノンデール プロサイクリングチーム +16秒
3 アスタナ プロチーム +16秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー パリ~ニース2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載