パリ~ニース2016 第2ステージマシューズが今大会2勝目で総合首位キープ スプリントで先着したブアニは降格処分

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「パリ~ニース」の第2ステージが3月8日、コントルからコマントリーまでの213.5kmで争われ、マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)が今大会2勝目を飾り総合首位のマイヨジョーヌを守った。マシューズはゴールスプリントで2着となったが、先着したナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ)がゴール前に斜行したと判断され3位に降格処分となり、マシューズが繰り上げでステージ優勝となった。別府史之(トレック・セガフレード)は12秒遅れの51位でゴールした。

ゴールスプリント中に接触したナセル・ブアニ(左、コフィディス ソリュシオンクレディ)とマイケル・マシューズ(オリカ・グリーンエッジ)。先着したブアニが降格処分になり、マイヨジョーヌのマシューズがステージ優勝 Photo: Yuzuru SUNADAゴールスプリント中に接触したナセル・ブアニ(左、コフィディス ソリュシオンクレディ)とマイケル・マシューズ(オリカ・グリーンエッジ)。先着したブアニが降格処分になり、マイヨジョーヌのマシューズがステージ優勝 Photo: Yuzuru SUNADA

 今大会最長距離で、途中に3級山岳が1つあるが平坦基調のスプリンター向けステージ。残り12kmで集団が逃げを吸収すると、ステージ優勝を狙うスプリンターチームと総合系チームが集団前方で位置取り争いを展開した。

 残り2kmほどで市街地に入りコーナーが増えてくると、オリカ・グリーンエッジやコフィディスが隊列を組み、マシューズとブアニが位置取りで優位に立った。

 残り約500mのコーナーで、ニッコロ・ボニファジオ(イタリア、トレック・セガフレード)がタイミングよく前方まで上がったのに対し、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、チーム カチューシャ)や第1ステージを制したアルノー・デマール(フランス、エフデジ)らはアシストが中切れしたため、マシューズらから取り残された。

スプリント時に接触し、ゴール直後に抗議し合うナセル・ブアニ(左)とマイケル・マシューズ Photo: Yuzuru SUNADAスプリント時に接触し、ゴール直後に抗議し合うナセル・ブアニ(左)とマイケル・マシューズ Photo: Yuzuru SUNADA

 勝負はマシューズ、ブアニ、ボニファジオの3人に絞られ、最後までアシストを残していたブアニが残り200mからスプリントを仕掛けた。コースは緩やかに左にカーブしており、先行するブアニが中央付近まで一旦ふくらみ、マシューズはその左側のラインを選択。

 しかし、そこからブアニが左に寄せたことで、マシューズはコースの左端ギリギリまで追いやられた。2人はゴール目前で接触したが、体勢を崩しながらも持ち直しブアニが先着。ボニファジオは2人に続いてゴールした。

第2ステージの優勝者となったマイケル・マシューズ Photo: Yuzuru SUNADA第2ステージの優勝者となったマイケル・マシューズ Photo: Yuzuru SUNADA

 ブアニの勝利かと思われたが、ステージ優勝者として表彰式に現れたのはマシューズ。ブアニは降格処分が下され、3位になった。マシューズにとっては個人タイムトライアルを制した初日のプロローグに続く勝利で、大会3日目もマイヨジョーヌを守り抜いた。

第2ステージ結果
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 5時間4分26秒
2 ニッコロ・ボニファジオ(イタリア、トレック・セガフレード) +0秒
3 ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) +0秒
4 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、チーム カチューシャ) +1秒
5 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) +1秒
6 ベン・スイフト(イギリス、チーム スカイ) +1秒
7 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +1秒
8 ヴァウテル・ウィッペルト(オランダ、キャノンデール プロサイクリングチーム) +1秒
9 アドリアン・プティ(フランス、ディレクトエネルジー) +1秒
10 ヨナス・ヴァンフネヒテン(ベルギー、イアム サイクリング) +1秒
51 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +12秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 9時間41分46秒
2 トム・デュムラン(オランダ、チーム ジャイアント・アルペシン) +14秒
3 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、キャノンデール プロサイクリングチーム) +19秒
4 ヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム) +19秒
5 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) +19秒
6 リーウ・ウェストラ(オランダ、アスタナ プロチーム) +24秒
7 ドリース・デヴェニンス(ベルギー、イアム サイクリング) +25秒
8 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) +25秒
9 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +27秒
10 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +27秒
114 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +4分57秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 38 pts
2 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 21 pts
3 ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) 18 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム) 4 pts
2 アントニー・ドゥラプラス(フランス、フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト) 4 pts
3 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) 2 pts

チーム総合
1 モビスター チーム 29時間6分27秒
2 キャノンデール プロサイクリングチーム +16秒
3 アスタナ プロチーム +16秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー パリ~ニース2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載