講習を受けたのは7人悪質自転車の「危険行為」全国で7924件摘発、信号無視が4割超 警察庁まとめ

  • 一覧

 悪質な自転車運転者に安全講習を義務付ける新たな制度が、昨年6月に始まり同年末までの間に、全国の警察が「危険行為」として摘発、警察庁に報告したのは7924件だったことが7日、同庁の集計で分かった。都道府県別では大阪が東京を上回り最多。危険行為は信号無視が全体の4割を超えた。講習を受けたのは東京、大阪、岡山の3都府県の7人だった。

 警察庁によると、大阪が2673件、次いで東京が1907件、兵庫780件、神奈川491件、京都364件などの順だった。近畿の3府県だけで全体のほぼ半数に上った。

 最も少なかったのは福井のゼロで、秋田、富山、岐阜、徳島、長崎がそれぞれ1件だった。(共同通信)

摘発最多の大阪府警 「取り締まり強化の結果」

 大阪府では自転車による事故が多発し、運転マナーの向上が課題だ。大阪府警は平成27年4月、都道府県警で初の専門部署「自転車対策室」を設置。安全講習の受講対象となる「危険行為」が全国最多の2673件だったことについて、担当者は「対策や取り締まりを強化した結果ではないか」と冷静に受け止める。

二人乗りで横断歩道を横切る自転車 =大阪市中央区の千日通り前(資料写真) Photo: Kotaro HIKONO二人乗りで横断歩道を横切る自転車 =大阪市中央区の千日通り前(資料写真) Photo: Kotaro HIKONO

 幾つもの大通りが縦横に延びる大阪市中心部。昼夜を問わず、赤信号の交差点に進入したり、車の間をすり抜けたりする自転車が少なくない。あるタクシー運転手の男性(62)は「予想外の動きをしないか常に気をつけているが、1日に何度もひやっとする」と話す。

 大阪市やその周辺は平たんな土地が広がり、都市部を中心に多くの人が自転車を利用する。平成22年の国勢調査では府民の20.9%が通勤通学に「自転車のみを利用する」と回答。全国平均の11.2%を大きく上回った。

 大阪府警によると、府内で発生した自転車関連の人身事故は26年が1万3228件、27年が1万2222件といずれも全国ワースト。各自治体は自転車レーンを増やすなどの安全対策を進めている。

 府警の担当者は「取り締まりを通じて、利用者のマナー向上と交通ルール順守を図りたい」としている。

産経WESTより)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載