通勤通学からトレーニングまでキャットアイの充電式ライト「ボルト400」を体感 小型でオールマイティーな高性能

  • 一覧

 バイクアクセサリーブランドのキャットアイは多くの自転車用ライトをラインナップしている。なかでも充電式フロントライトの種類が多く、用途に合わせた光量やサイズを選択できる。今回は、大きさ、光量、価格ともにミドルグレードといえる「ボルト400」を装着し、市街地で試用した。

夜間走行時に頼もしい味方となるキャットアイ「ボルト400」 Photo: Kenta SAWANO夜間走行時に頼もしい味方となるキャットアイ「ボルト400」 Photo: Kenta SAWANO

前作から100ルーメンアップ

キャットアイ「ボルト400」 Photo: Shusaku MATSUOキャットアイ「ボルト400」 Photo: Shusaku MATSUO

 ボルト400は約400ルーメンの光量があり、前作(ボルト300)から約100ルーメンアップした。小型でスリムなボディは、持てば手のひらに収まるサイズで、ハンドル上に装着しても邪魔に感じない。バッテリーはカートリッジタイプで、スクリュー式で固定されており、簡単に外して交換できることが特徴。繰り返しの使用で蓄電能力が劣化してしまっても、自分の手で新しいバッテリーに付け替えることができる。

手のひらに収まるほどスリムでコンパクトなボディ Photo: Shusaku MATSUO手のひらに収まるほどスリムでコンパクトなボディ Photo: Shusaku MATSUO

 発光パターンは5種類で、使用時間は最も明るい点灯モードで約3時間、点滅では約60時間。電池の残量が20%を下回るとスイッチ部分のインジケーターが点灯するため、走行中にライトが消えてしまう前に気づくことができる。

 充電は、マイクロUSBで行えばフル充電まで6時間ほどかかるが、オプションパーツの急速充電クレードル(CRA-001)を使用すれば約3時間で完了する。

 手に取ると、その明るさの割に小型で軽量なことがわかる。バッテリー部分のボディは表面が滑りにくく、ブラケットに装着したり外したりする作業も少ない力で確実に行なえる。

USBの差し込み口にはゴム製の厚いカバーがあり、防水性を備えている Photo: Shusaku MATSUOUSBの差し込み口にはゴム製の厚いカバーがあり、防水性を備えている Photo: Shusaku MATSUO
バッテリーは捻ると外すことができ、簡単に交換することができる Photo: Shusaku MATSUOバッテリーは捻ると外すことができ、簡単に交換することができる Photo: Shusaku MATSUO

モードを使い分けて安全を確保

 実際に点灯して使用してみると、一眼タイプながら光がうまく拡散し、広範囲を照らしていることがわかる。街灯が多い街中で使用した際は、ローモードでも十分に明るく、すれ違うクルマや人に自身の存在を示すことができた。

 また、不意に横道や街頭のない道に行った際には、スイッチをダブルクリックすることで最も明るいハイモードに切り替えることができる。ハイモードでは道の小石を識別できるほど明るく地面を照らすので、心強い。

 また、弱い光で点灯しながら同時に強い光で点滅する「ハイパーコンスタント」モードは、周囲のクルマや人に自身のスピードを認識してもらいやすいので、より安全に走行できると感じられた。

日が落ち始めた時間帯にロー点灯で使用 Photo: Kenta SAWANO日が落ち始めた時間帯にロー点灯で使用 Photo: Kenta SAWANO

 街中で使用してみて、使いやすさや性能不足といった不満はなく、ボルト400のオールマイティーな性能を体感することができた。ヘルメットに装着できる拡張部品や、交換用のバッテリーといったオプションパーツが豊富なのも嬉しい。通勤通学や、夜のトレーニングライドにも安心して使うことができるだろう。

キャットアイ「ボルト400」
税抜価格:8,500円
重量:120g
使用時間:約3時間(ハイ点灯)、約8時間(ミドル点灯)、約18時間(ロー点灯)、約11時間(ハイパーコンスタント)、約60時間(点滅)
充電時間:約6時間(USB2.0)
繰返し充放電回数:標準300回(定格容量の70%の容量低下まで)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャットアイ(CATEYE)のサイクルアクセサリー商品一覧ライト|サイクルアクセサリー商品一覧

キャットアイ サイクルアクセサリー ライト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載