ロンドン五輪の舞台でリオへの最終決戦NIPPOから窪木一茂がオムニアム、橋本英也がポイントレースに出場へ トラック世界選手権

  • 一覧

 イギリス・ロンドンで3月2~6日に開催されるUCIトラック世界選手権に、窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)が複合種目のオムニアム、橋本英也(鹿屋体育大学・NIPPO)がポイントレースに出場する。2人のレースはともに4日スタートで、現地で最終調整を進めている。(NIPPOレーシングプロジェクト)

会場となるリーバレーヴェロドロームでトレーニングを重ねる窪木一茂=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project会場となるリーバレーヴェロドロームでトレーニングを重ねる窪木一茂=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project

大会開幕を直前に控えたロンドン・リーバレーヴェロドローム=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project大会開幕を直前に控えたロンドン・リーバレーヴェロドローム=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project

 会場となるロンドンのリーバレーヴェロドロームは、2012年のロンドンオリンピックで使用された競技場だ。現在も様々なイベントが開催され、2015年6月にはブラッドリー・ウィギンス(イギリス)がここでアワーレコードを更新した。今大会期間中は5万人が観戦する見込みだ。

 日本国内では有料放送の「SPEEDチャンネル」が、各種目の決勝を中心に、現地より生中継を行う。

窪木一茂 x オムニアム リオ五輪出場枠をかけた最後の一戦

(開催日 3月4、5日/日本時間 4日 18:46〜第1種目、6日 5:10〜最終種目)

窪木一茂 Photo: NIPPO Racing Project窪木一茂 Photo: NIPPO Racing Project

 オリンピック種目のオムニアムでは、リオデジャネイロオリンピック出場枠を決める最後の大会となり、日本はこれまでの成績から出場枠をほぼ確実なものとしているが、今大会の結果により最終的に出場が決まる。

 今大会では、ロードレースでも世界トップクラスの実力のマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)や、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チーム スカイ)ら、リオ五輪で金メダル獲得をめざす強豪選手がエントリー。レベルの高い戦いが予想される。

●「自分の手でつかみたい」 窪木一茂のコメント
今回の世界選手権は、リオ五輪につながる最後のチャンスです。まずは2日間を無事に走りきり、日本チームの男子オムニアムの五輪出場を決定づけたい。
個人的には、現地入りしてから調子が上がってきています。しっかり調整して万全な体調で挑戦し、好機を自分の手でつかみたい。どうぞ応援よろしくお願いします。

集中して現地での調整を行う窪木一茂=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project集中して現地での調整を行う窪木一茂=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project

橋本英也 x ポイントレース 自信をまとって世界チャンピオンを狙う

(3月4日 19:00〜/日本時間 5日 4:00〜)

橋本英也 Photo: NIPPO Racing Project橋本英也 Photo: NIPPO Racing Project

 男子ポイントレースは40kmで争われる。橋本はゲーム性の高いポイントレースを得意としており、2014年のUCIトラックワールドカップ第1戦メキシコ大会では、オムニアム内のポイントレースで優勝した経歴をもつ。橋本はアルカンシェルジャージ(世界選手権優勝者に与えられる虹色のチャンピオンジャージ)をめざして、世界の最前線で戦う。

●「チャンス十二分にある」 橋本英也のコメント
今回は2年ぶりに世界選手権の舞台に戻ってきました。出場種目はポイントレースなので、レース種目を得意としている僕にとってアルカンシェルを狙えるチャンスが十二分あると思います。レースは中盤以降の限られたメンバーでの争いとなると思います。みんなのために走ります。応援よろしくお願いいたします。

リーバレーヴェロドロームでの公式練習で汗を流す橋本英也=3月1日 Photo: NIPPO Racing Projectリーバレーヴェロドロームでの公式練習で汗を流す橋本英也=3月1日 Photo: NIPPO Racing Project

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO トラックレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載