ライダーのヤル気をそそる新製品たち KCNCの2013年ニューモデル

  • 一覧

 KCNC――自動車会社のエンジニアだったケン・リンが設立したこのブランドは、その名に「CNC」が入っている通り、最新のコンピュータ制御切削加工技術(CNC)を駆使した、魅力的な軽量パーツを数多くリリースしている。

美しい肉抜きデザインが印象的なチェーンリング美しい肉抜きデザインが印象的なチェーンリング

 2013年はロード用チェーンリングではタイムトライアル向けの大型のものが登場する。大胆で美しい肉抜きデザインは、むしろ蒸気機関全盛の昔を思わせるような繊細さで、とても目を引くものだ。

 軽量スキュワーは、さらに軽量化が図られた。チタンシャフトが用いられていたが、2013年モデルではさらにシャフトに肉抜き加工が施されている。見えない部分での軽量加工というあたりに、マニア心がくすぐられる。

 ちょっとした便利パーツとしては、シートポストにボトルケージを取り付けるためのバンド小物が発売される。ロングライドでもう一本ボトルを取り付けたい!という人に嬉しいパーツだ。バンドと言ってもKCNCが作ればCNC加工で現代的なパーツになっている。美しいアルマイト加工で6色のカラーバリエーションが用意されるところもKCNCの魅力だ。

軽量スキュワー。さらにシャフト部分が肉抜きされているのが見えるだろうか?軽量スキュワー。さらにシャフト部分が肉抜きされているのが見えるだろうか?
シートポストにボトルケージを取り付けることができるシートポストにボトルケージを取り付けることができる

(問い合わせ)ライトウェイプロダクツジャパン

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載