サイクルツーリズムで地域活性化を「自転車ガイドが伝える地域の文化」を考察 大津市で3月26日にシンポジウム開催

  • 一覧
滋賀県大津市で3月26日に開催されるシンポジウムのチラシイメージ。テーマは「自転車ガイドが伝える地域の文化的景観」滋賀県大津市で3月26日に開催されるシンポジウムのチラシイメージ。テーマは「自転車ガイドが伝える地域の文化的景観」

 サイクルツーリズムによる地域活性化を目指すシンポジウムが3月26日、滋賀県大津市で開催される。テーマは「自転車ガイドが伝える地域の文化的景観」。日本マウンテンバイク協会(JMA)公認インストラクターでMTBダウンヒル競技のシリーズ戦「DOWNHILL SERIES」の実況・MC経験を持つ仲間浩一氏らがパネラーとして登壇し、参加者と共に地域の魅力発信などについて考える。

 シンポジウムでは、各地の魅力のうち、自転車旅で訪れて得られる魅力に着目。移りゆく景色はもちろん、生活の音や匂いなどその場でしか感じることのできない地域特有の空気をどのように見せられるか、またそれを伝えていく人々の役割について考察していく。

 パネラーには仲間氏のほか、『自転車で健康になる』(日本経済新聞出版社)の共著者で「堺自転車のまちづくり・市民の会」代表を務める中村博司氏、「輪の国びわ湖推進協議会」会長で世界45カ国を自転車で走った経験を持つ藤本芳一氏が登壇する。

 申込みの際には、シンポジウムの「話題提供」コーナーの参加者を募集。参加希望者は、テーマとなる「サイクルツーリズムに関する活動内容」を300字程度で添えて応募する。終了後には懇親会も用意されている(参加費3500円)。

シンポジウム開催概要

 日時: 2016年3月26日(土)13:00~16:30終了予定
場所: 大津市ふれあいプラザ ホール(滋賀県大津市浜大津4-1-1 明日都浜大津4階)
内容:
【講演】自転車ガイドが伝える地域の文化的景観 講師:仲間浩一氏
【話題提供】参加者5名まで(~30分)
【パネルトーク】 
パネリスト:仲間浩一氏
中村博司氏(堺自転車まちづくり・市民の会代表)
藤本芳一氏(輪の国びわ湖推進協議会会長)
進行:近藤紀章氏(NPO法人五環生活代表理事)
参加費: 資料代500円
主催: 輪の国びわ湖推進協議会、NPO法人五環生活、歴史街道推進協議会
申込方法: 3月18日(金)までに申込みフォーム、またはファックス050-3730-5843(輪の国びわ湖推進協議会)で申込み。参加人数、参加者全員の名前、代表者の住所、所属、電話番号、シンポジウム・懇親会それぞれの参加・不参加を記入のこと
 
※ご自身のサイクルツーリズムに関する活動内容について、ご報告いただく「話題提供」に参加ご希望の方は、3月11日(金)までに内容(300字程度)とご連絡先をご記入ください。多数ご希望の場合、ご希望にそえないことがございますので、ご了承ください。
※シンポジウム終了後、17:00より会場近くにて懇親会(参加費3500円)を行います。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載