自転車ライフをトータルでサポート月極駐輪もイベントもできるサイクルショップ「B-SPACE」 東京・不動前にオープン

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 自転車のパーキング事業などを手掛ける日本コンピュータ・ダイナミクス(NCD)が2月27日、スポーツ自転車の販売・修理やパーキング、スタジオなど多機能なサービスを提供するサイクルショップ「B-SPACE」(ビースペース)を東急目黒線「不動前」駅(東京・品川区)の近くにオープンする。移動ツールとしての自転車を管理する駐輪場事業から、さらに一歩踏み込んだ「自転車ライフ提案型ショップ」を目指す。26日のプレオープンを取材した。

不動前から線路沿いに徒歩1分の場所にある「ビースペース」 Photo: Kyoko GOTO不動前から線路沿いに徒歩1分の場所にある「ビースペース」 Photo: Kyoko GOTO

駐輪場運営会社の新しい挑戦

 NCDは、前輪を電磁ロックで固定する駐輪装置を用いた駐輪場管理システム「エコステーション21」を展開している企業だ。現在、全国約1400カ所で38万台以上を管理する駐輪場を運営しており、電磁ロック式駐輪場としては国内最大のシェアを誇る。

 そのNCDが新規事業として掲げるサイクルショップ「ビースペース」のコンセプトは、「自転車のある生活」の提案。自転車ライフを駐輪機能でサポートするだけでなく、自転車の販売からメンテナンス、イベントやセミナーの開催までを手掛ける多機能サービスを提供する。

 ビースペースは、約67平方メートルある店舗面積のうち、エントランス側の3分の1を販売スペースとし、店舗奥は駐輪スペースとセミナーなど室内イベントを開催するワークスペースで構成している。

入口付近が販売スペース Photo: Kyoko GOTO入口付近が販売スペース Photo: Kyoko GOTO
ロードバイクの他、クロスバイクやシクロクロスも取り扱う Photo: Kyoko GOTOロードバイクの他、クロスバイクやシクロクロスも取り扱う Photo: Kyoko GOTO

 販売する主な自転車ブランドは、台湾の「MERIDA」(メリダ)と、スイスのカーボンフレームメーカー「KEMO」(ケモ)、イタリアの老舗「MASI」(マジィ)の3種。ロードバイクとクロスバイク、シクロクロスバイクを取り扱い、ビギナー向けから30万円台のクラスまで幅広く揃えている。ビースペースで自転車を購入、またはメンテナンス・修理を行った場合は、メンテナンスカルテを作成し、その後はカルテに基づいてアドバイスやメンテナンスを行って安全な自転車ライフをサポートする。

駐輪スペース。計8台を駐輪できる Photo: Kyoko GOTO駐輪スペース。計8台を駐輪できる Photo: Kyoko GOTO
トレーニングやセミナーもできるワークスペース Photo: Kyoko GOTOトレーニングやセミナーもできるワークスペース Photo: Kyoko GOTO
貸しロッカーと、その奥にはシャワールームも Photo: Kyoko GOTO貸しロッカーと、その奥にはシャワールームも Photo: Kyoko GOTO

 ワークペースにはローラー台が2台設置されており、オンラインによるサイクリングトレーニングを行うことも可能。プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」で初代GM兼監督を務めた馬場隆司氏がオペレーション・アドバイザーとなり、プロレーサーによるロードバイクの乗り方教室やペダリングレッスンなどの有料イベントも実施していく予定だ。レッスン受講者はフィットネスカルテを使用し、自分のレベルや状況を把握しながらスキルアップを図ることができるという。

 第1回目のイベントとして「ペダリング体験コース」の開催を3月10日(木)に予定している。

 このほか、特別セミナーとして栄養管理、レース対策、メカニックなどの各種セミナーや、同ショップを拠点とするサイクリングイベントも随時開催する。シャワー室とロッカーも完備しており、月極駐輪スペース(1万3000円/月~)を契約すればいつでも利用できる。シャワー室は1回400円で一時利用もできる。

ショップというより「サイクルステーション」

オペレーション・アドバイザーの馬場隆司氏 Photo: Kyoko GOTOオペレーション・アドバイザーの馬場隆司氏 Photo: Kyoko GOTO

 オペレーションアドバイザーを務める馬場氏は、「販売をメーンとするサイクルショップと違い、駐輪場がグレードアップした、いわば“サイクルステーション”という位置づけ。購入を前提とする店ではないので、気軽に遊びに来てほしい」と呼びかけている。

 またビースペースの東光陽マネージャーは、今回の新事業について、「駐輪場という自転車に乗る人たちが集まる場所がもつ新たな可能性を考えた。今後も、自転車ユーザーと直接つながる BtoC のサービスを展開していきたい」と話している。

 NCDでは、ビースペースを1号店としてモデル的に運営し、年内に2号店の出店も計画している。東京五輪が開催される2020年までに、関東近郊を中心に5店舗まで拡大させる考えだ。

「B-SPACE」店舗概要

■住所:東京都品川区西五反田4丁目32-1 東京日産五反田ビル別館1F
■電話:03-6417-0685
■アクセス:東急電鉄目黒線 不動前駅より徒歩1分
■営業時間:店舗 11:00~20:00(水曜定休)/ 駐輪 7:00~22:30(365日営業)

◇第1回 ペダリング体験コース
日時:2016年3月10日(木)17:00~17:30/18:00~18:30/19:00~19:30
講師:馬場隆司
料金:3,000円
申込方法:「ビースペース」(TEL:03-6417-0685)までお問い合わせください

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ショップ 駐輪場

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載