ブランドの全商品をラインナップブランド初の直営店「レリック渋谷」でレセプション開催 東京・渋谷で2月26日オープン

  • 一覧

 日本のスポーツウェアブランド「reric」(レリック)が、初の直営店「reric渋谷」を2月26日に東京・渋谷のキャットストリートにオープンする。レリックの全製品を手に取って確かめることができる旗艦店だ。25日夜には開店を祝うレセプションパーティーが開かれ、関係者に店内がお披露目された。

「レリック渋谷」のオープニングレセプションであいさつする服部稔イノセントデザインワークス社長 Photo: Kenta SAWANO「レリック渋谷」のオープニングレセプションであいさつする服部稔イノセントデザインワークス社長 Photo: Kenta SAWANO

メトロ渋谷駅から徒歩3分

オープニングレセプションが行われた「レリック渋谷」 Photo: Kenta SAWANOオープニングレセプションが行われた「レリック渋谷」 Photo: Kenta SAWANO

 レリック渋谷は、東京メトロ渋谷駅の13番出口から徒歩3分ほどの好立地。店内にはサイクルウェアをはじめ、新展開するランニング用ウェア「reric run」(レリック ラン)や、カジュアルウェアブランドの「r by reric」(アール バイ レリック)のパンツやジャケットなど、レリックの全製品がずらりと並ぶ。

 レリックブランドを展開するイノセントデザインワークスの服部稔社長はレセプションの冒頭で挨拶に立ち、「ランやアウトドアスポーツをきっかけとして、サイクルスポーツに興味を持ってほしい。総合的なスポーツウェアブランドとして展開していく」と今後のビジョンを語った。また、レリック ランを中心に製品の機能を説明。これまで実績を重ねてきたサイクルウェアの技術を取り入れたと強調した。

「レリック渋谷」に並ぶ自転車用ウェア Photo: Kenta SAWANO「レリック渋谷」に並ぶ自転車用ウェア Photo: Kenta SAWANO
「レリック渋谷」に並ぶランニングウェアのライン「reric run」 Photo: Kenta SAWANO「レリック渋谷」に並ぶランニングウェアのライン「reric run」 Photo: Kenta SAWANO

年中無休 イベント開催も

「reric run」のウェアを手に笑顔の服部稔社長 Photo: Kenta SAWANO「reric run」のウェアを手に笑顔の服部稔社長 Photo: Kenta SAWANO

 また、レリックと芝浦工業大学が共同で開発し、特許を取得した“発電する”ウェア「シルバ」シリーズについても、実験データを用いて説明。クォーツプリント技術により、プリントが施された部位の血流が良くなることで、パフォーマンスを向上させるという。

 レリック渋谷は年中無休で午前11時から午後8時まで営業。スポーツに親しんでいるスタッフが接客し、コーディネートの手助けもしてくれる。今後はイベントやワークショップの開催も予定しており、総合的なスポーツウェアウェアブランドとして発展を目指す。服部社長は、アジアを中心に海外展開も図りたいと語った。

「reric渋谷」店舗概要

■住所:東京都渋谷区神宮前6丁目19‐1 長野ビル
■電話:03-6450-6951
■アクセス
JR渋谷駅宮益坂出口より徒歩約10分
東京メトロ渋谷駅13番出口より徒歩約3分
■営業時間:11:00~20:00

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ショップ レリック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載