大会・イベント情報2016「おおつち新山高原ヒルクライム」岩手県で5月22日開催 ジャージ売上はチャリティーに

  • 一覧

 東北地方の三陸海岸をスタートするヒルクライムイベント「おおつち新山(しんやま)高原ヒルクライム」が5月22日、岩手県大槌(おおつち)町で開催される。コースには競技区間が含まれるヒルクライムの部と、計測をせずにサイクリングを楽しむパレードの部が用意され、大会前日には町役場で交流パーティーも催される。

計測区間は標高差約820m

「おおつち新山高原ヒルクライム」では大会公式ジャージも受注販売され、売上の一部はツツジ再生のためのチャリティーとなる「おおつち新山高原ヒルクライム」では大会公式ジャージも受注販売され、売上の一部はツツジ再生のためのチャリティーとなる

 ヒルクライムの部の走行距離は、大槌町役場から新山高原頂上付近までの約23km。途中、約13km(標高差約820m)の区間が計測の対象となる。パレードの部は、同スタート地点から「産直つつじの里」までの8kmを計測なしで走行する。

 イベントは、東日本大震災からの復興が進む町の「創生」をアピールすると共に、岩手県内の自転車イベントやマラソン大会と連携して「共生」を目指す。具体的には、7月3日開催の「きたかみ夏油高原ヒルクライム」(北上市)と連携してイーハトーブヒルクライムシリーズ戦、10月30日開催の「かまいし仙人峠マラソン」(釜石市)と連携して三陸マウンテンデュアスロンシリーズ戦を展開。

 さらに、陸前高田市で震災翌年から毎年開催されているサイクリングイベント「ツール・ド・三陸」の“大槌ステージ”と位置づけ、共に復興を盛り上げていく。

「おおつち新山高原ヒルクライム」では新山高原の風景に出会える「おおつち新山高原ヒルクライム」では新山高原の風景に出会える

町の花「ツツジ」を再生へ

 イベントには、同地で親しまれてきたものの震災により手入れが行き届かなくなった町の花、ツツジの「再生」を願う思いも込められている。ツツジの花をイメージしたカラーの公式ジャージは、売上金の中から1着につき500円が新山高原再生のために大槌町へ寄付される。

 また自転車をコンテンツとした三陸ツーリズム振興のため、売上金の中から1着につき1000円が三陸鉄道に寄付される。

 ジャージのバックポケットには、大槌町の大漁旗がデザインされている。

「おおつち新山高原ヒルクライム」公式ウェブサイトより「おおつち新山高原ヒルクライム」公式ウェブサイトより
ジャージのバックポケットには大槌町の大漁旗をデザインジャージのバックポケットには大槌町の大漁旗をデザイン

 ジャージの購入は4月22日まで。イベント参加者はもちろん、誰でもオンラインで申し込みができる(受注生産)。販売価格は1万1200円(税込、配送料込)で、別途オンライン購入手数料が560円必要。

「おおつち新山高原ヒルクライム」開催概要

【開催日】2016年5月22日(日) ※21日(土)は前日受付、交流パーティー開催
【競技会場】
<ヒルクライムの部>大槌町役場~8km地点(パレードの部ゴール)~計測開始地点(10km)~中間カットオフ地点=明神平(17km)~新山高原頂上付近(23km)
<パレードの部>大槌町役場~産直つつじの里付近(距離8km、標高差66m) ※計測なし
【参加費】
ヒルクライムの部:6,000円(オンラインエントリー費用が別途300円必要)
パレードの部:1,000円(オンラインエントリー費用が別途250円必要)
【主催】おおつち新山高原ヒルクライム2016実行委員会
【共催(予定)】大槌町、大槌町観光物産協会、復興まちづくり大槌株式会社後援
【スケジュール】
-5月21日(土)
13:00~17:00 前日受付(大槌町役場多目的会議室)
16:00~17:30 交流パーティー(大槌町役場多目的会議室)
-2016年5月22日(日)
06:30~7:30 当日受付(大槌町役場多目的会議室)
07:45 開会式(スタート地点=大槌町役場駐車場付近)
08:00 スタート(パレード形式)
※08:30 パレードの部終了・解散(8km地点)
08:40~08:50 計測スタート地点で競技最終確認、クラス別一斉スタート
11:00~12:30 下山
13:00~15:00 表彰式・閉会式 (大槌町役場多目的会議室)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント チャリティー/サポート ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載