2日間かけて四国から本州まで走破台湾・日月潭サイクリングコースの関係者ら「しまなみ」で交流 姉妹協定締結から1周年で

  • 一覧

 広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道との「姉妹自転車道」協定締結から1年が過ぎたのを記念し、協定締結相手の台湾・日月潭サイクリングコースの関係者らが来日し、2月22、23の両日、しまなみ海道のサイクリングを楽しんだ。

 沿線の観光スポットに立ち寄りながら、2日間かけて四国から本州まで走破した一行は、しまなみ海道側の関係者らとともに「双方ともに魅力的なサイクリングロードとして発展できるよう、力を合わせていきたい」と決意を新たにしていた。

姉妹協定1周年を記念し、しまなみ海道を走る台湾・日月潭サイクリングコースの関係者ら=尾道市瀬戸田町(服部幸一撮影)姉妹協定1周年を記念し、しまなみ海道を走る台湾・日月潭サイクリングコースの関係者ら=尾道市瀬戸田町(服部幸一撮影)

 一行は、協定締結に尽力した台湾サイクリスト協会のメンバーや台湾政府・日月潭管理処の幹部職員ら16人。20日に来日して尾道市や今治市、松山市の道後温泉などを観光した後、22日に今治側から出発した。23日は尾道市の平谷祐宏市長らも合流し、今治市の大三島から尾道の市街地まで40km近くを走った。

 日月潭は台湾の有名な観光地で、湖の周囲を巡るサイクリングコースは世界的に有名。姉妹協定は、平成26年10月25日に締結された。1周年を記念して、尾道、今治両市などで組織する「瀬戸内しまなみ海道振興協議会」からは会長の菅良二今治市長らが昨年11月15日、日月潭で開かれたサイクリングイベント「日月潭カムバイクデー」に参加。今回、その返礼として台湾側が来訪した。

 協定締結の際も来日し、翌日にしまなみ海道の車道を開放して開かれた国際大会「サイクリングしまなみ」にも参加した台湾サイクリング協会の董俊仁理事長は「海を渡る自転車道は走っていて気持ちがいい。今年10月30日にもしまなみ海道で国際大会が開かれるとのことなので、台湾のサイクリストたちもぜひ参加するようPRしたい」と話した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載