スマートフォン版はこちら

イヤホンで音楽聴き運転「過失の程度大きい」自転車で女性はね死なせた大学生に有罪判決 千葉地裁

  • 一覧

 千葉市の路上で昨年6月、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を運転中、歩行者の女性=当時(77)=をはねて死なせたとして、重過失致死罪に問われた大学2年の男子学生(20)に、千葉地裁(岩田真吾裁判官)が2月23日、禁錮2年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年6月)の有罪判決を言い渡した。

大学生が乗っていた自転車。前輪が変形した =2015年7月、千葉西署大学生が乗っていた自転車。前輪が変形した =2015年7月、千葉西署

 岩田裁判官は判決理由で「高速度で進行し、被害者に気付くのが遅れるなど過失の程度は大きい」と指摘した上で、「真摯な反省の態度を示し示談成立に見込みもある」と述べた。

 判決によると、19歳だった昨年6月10日午後7時ごろ、千葉市稲毛区の路上をイヤホンで音楽を聴きながら時速約25kmで運転、横断歩道を歩いていた女性をはね、死亡させた。

 2月2日にあった被告人質問で男子学生は、日頃から音楽を聴きながら自転車を運転することが多かったとし「気を付けていたつもりだった。不注意で事故を起こしてしまい、女性や遺族に申し訳ない」と述べた。(共同通信)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載