ピナレロの工場見学や高級バイクのレンタルも本場イタリアのグランフォンドに挑戦 「ラ・ピナ サイクリングマラソン」ツアー開催

  • 一覧
「ラ・ピナ サイクリングマラソン」で美しいイタリアの風景の中を走る参加者ら(2014年大会より) Photo: Aki KARASAWA「ラ・ピナ サイクリングマラソン」で美しいイタリアの風景の中を走る参加者ら(2014年大会より) Photo: Aki KARASAWA

 バイクブランド「ピナレロ」が主催する本場イタリアのグランフォンド「ラ・ピナ サイクリングマラソン」に参加するオフィシャルツアーが、7月7日から13日までの7日間で開催される。大会の舞台はピナレロの生まれ故郷である北イタリアの古都・トレヴィーゾで、ジロ・デ・イタリアに登場したこともあるサンボルト峠を駆け上がるコースを走れるツアーだ。

 この大会はグランフォンドの本場イタリアでも屈指の人気を誇り、今年で20回目という記念の年を迎える。4000人以上ものライダーが参加し、グランフォンド(約158km)とメディオフォンド(約114km)が設定されている。レース志向の本格派から完走が目標のライダーまで、幅広いレベルの人々が思い思いのペースで楽しめる。地元のグルメを満喫できるグルメフォンドにも参加可能で、コースなどの詳細は後日発表される。

つづら折の峠を上る参加者たち(2015年大会より) Photo: Pinarelloつづら折の峠を上る参加者たち(2015年大会より) Photo: Pinarello
2016年「ラ・ピナ サイクリングマラソン」グランフォンド(158km)のコースプロフィール2016年「ラ・ピナ サイクリングマラソン」グランフォンド(158km)のコースプロフィール

 オフィシャルツアーは11回目で、ピナレロ本社とピナレロ・ジャパンがサポートする。大会参加のほか、ピナレロ本社工場を訪問し、ピナレロ社主催パーティーにも特別招待される。また20周年大会に合わせ「ヴェネチア・ムラーノ島ガラス細工製作体験」や「ドロミテ山塊を走るロングステイプラン」など、大会参加以外でも現地で楽しめるオプショナルツアーが設定されている。

 トレヴィーゾ滞在中はピナレロ高級モデルのレンタルバイク(別途料金)が用意されるため、自分の自転車を輪行せずに参加することも可能だ。

 ツアーは7月7日の夜に出国し13日の夕方に帰国する日程になっている。参加申し込みは下記リンクの「ラ・ピナ サイクリングマラソン オフィシャルツアー」詳細ページから手続きできる。

「ラ・ピナ サイクリングマラソン オフィシャルツアー2016」概要

日程:7月7日(木)夜9時半羽田集合
7月13日(水)夕方5時半頃成田帰国
募集人数:30名
参加費:295,000円
申込締切:2016年5月13日(金)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ピナレロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載