買収額は56億円マヴィックの「アメアスポーツ」が米ホイールブランド「エンヴィ」を買収 北米市場に照準

  • 一覧
2016年2月22日、アメアスポーツによるエンヴィ買収が発表された Photo: Enve2016年2月22日、アメアスポーツによるエンヴィ買収が発表された Photo: Enve

 ホイールやサイクリングウェア、アクセサリーのトップブランド「マヴィック」などを保有するフィンランド企業「アメアスポーツ」が2月22日、米ホイールブランド「ENVE」(エンヴィ)を買収すると自社ウェブサイトで発表した。アメアスポーツは、今後さらにサイクリング部門を強化していくためとしている。

 エンヴィは、2007年に設立された新興の企業。高品質のカーボン製ホイールをはじめ、コンポーネント、アクセサリーといったロードバイクやマウンテンバイク用品を販売し、年間およそ3000万ドル(約33億円)を売り上げる。

 今回、エンヴィを傘下に収めたアメアスポーツは、まず北米での事業拡大をにらむ。またエンヴィの持つカーボン技術を得ることでサイクリング事業を強化し、国際市場での販売拡大にも期待をかけている。

 アメアスポーツがエンヴィに支払う買収額は5000万ドル(約56億円)。3月末までにすべての買収手続きが完了する予定という。同社はマヴィックのほか、アウトドアウォッチ「スント」、テニスブランド「ウィルソン」などのブランドを抱えるスポーツ用品大手。国内では「アメアスポーツジャパン」が事業を担う。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エンヴィ スント マヴィック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載