「淡路島ロングライド150」に向け自転車案内標識を設置

  • 一覧
「淡路島ロングライド150」を前に設置された自転車案内標識 =洲本市海岸通「淡路島ロングライド150」を前に設置された自転車案内標識 =洲本市海岸通

 淡路島1周(約150km)を自転車で走破するサイクリングイベント「2012淡路島ロングライド150」(同実行委員会主催、産経新聞社など後援)が10月14日に開催されるのを前に、淡路県民局洲本土木事務所はコースとなる道路の30カ所に自転車用案内標識を設置した。同事務所は「自転車にやさしい道路環境を充実させ、観光振興につなげ、サイクリングアイランドあわじを目指したい」と話している。

 淡路島は自然に恵まれ、道路の高低差も比較的少ないことから、多くの自転車愛好家が訪れている。サイクリングに伴う観光客の増加を図ろうと、同事務所は昨年度、島内3市やサイクルショップなどと「淡路島サイクリストロードづくり検討会」を発足。自転車愛好家らにアンケートを実施しており、自転車にやさしい道路環境の整備に取り組んでいる。

 今回、設置された案内標識は「下り坂注意」「見通し注意」の注意喚起用、「この先登坂」「登坂中間地点」の上り坂情報、「左側通行一列走行」「自転車にやさしく」のマナー向上啓発―の計6種類。すでに30カ所に設置を終え、平成24年度内に計約45カ所まで増やすという。このほか、サイクリングの出発地点になることが多い淡路市岩屋を起点にした10㌔ごとの距離標も島内15カ所に設ける。

 淡路島ロングライド150は10月14日午前5時45分、同市岩屋の国営明石海峡公園をスタート。約2千人が参加する。13日午後3時から、地元の歓迎行事などがある前夜祭が開かれる予定。

産経新聞より)
「2012淡路島ロングライド150」ホームページ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

淡路島

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載