バイクインプレッション2016「PINARELLO RAZHA K」 抜群の安定感を誇る、扱いやすいロングライド向け中級モデル

  • 一覧

 伝統と技術を長年受け継いできた歴史あるイタリアの老舗バイクブランド、ピナレロ。世界のトップレースシーンで最も活躍してきたブランドの一つだ。毎年多くのサイクリストで賑わうグランフォンド・ピナレロを開催する同社は、ロングライド向けのバイクにも自信を持っている。今回試乗したのは「ROKH」と同じ金型を採用し、カーボン素材を変えた「RAZHA K」で、ホビーサイクリストに嬉しい中級グレードだ。

PINARELLO RAZHA K(ピナレロ ラザ K) Photo: Masami SATOUPINARELLO RAZHA K(ピナレロ ラザ K) Photo: Masami SATOU

PINARELLO RAZHA K(ピナレロ ラザ K)
価格:298,000円(完成車、税抜)
サイズ:43SL、46SL、49SL、52SL、53.5SL、55SL、57SL
カラー:ブラックレッド、ホワイトブラック
問い合わせ先:ピナレロジャパン http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/

スペック

フレーム:Carbon 24HMUD
フォーク:ONDA™ K Carbon 24HMUD
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・FC-RS500 50×34T、シマノCS−・5800 11-28T(11s)
ホイール:シマノ・WH-RS010
重量:8.45kg(完成車実測値)

振動減衰性に優れた左右非対称のONDA Kカーボンフォーク。タイヤは28Cまでのクリアランスを確保 Photo: Masami SATOU振動減衰性に優れた左右非対称のONDA Kカーボンフォーク。タイヤは28Cまでのクリアランスを確保 Photo: Masami SATOU
波打つデザインが特徴のダウンチューブとボリュームのあるBB部 Photo: Masami SATOU波打つデザインが特徴のダウンチューブとボリュームのあるBB部 Photo: Masami SATOU
振動減衰性能に優れるカーブが効いた形状のシートステー。チェーンステーは左右非対称デザインだ Photo: Masami SATOU振動減衰性能に優れるカーブが効いた形状のシートステー。チェーンステーは左右非対称デザインだ Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 現在のピナレロのラインナップは、半分くらいがドグマF8系統のフォルムになっているよね。その中で、ラザKは1世代前のドグマの系統で、ONDAフォークも含めてより複雑な造形は今なお魅力的だ。

松尾 コンセプトは振動吸収性を高めたモデルでしたが、いい意味であまりそれを感じさせない走りができました。毎度のことながらピナレロの直進安定性は高く、このバイクにも当てはまります。やや後ろに重心があったことも、安定感を高めている要因だと思います。

米山 うん。ピナレロの定評のあるハンドリングなど、安定性の高い乗り味はまさにロングライド向きだ。それに、またがって走り出した瞬間、タイヤの空気が抜けているのでは?と一瞬止まって確認してしまったくらい、乗り心地がマイルド。

松尾 剛性感は、踏み込んだ際の反発は高くはないですが、ビギナーに丁度良いと思えるものでした。バックステーは振動を吸収し、コンセプト通り乗り心地も悪くなかったです。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 ロングライドを楽しむ人向けで、踏み味はマイルド系。急加速を繰り返すようなシチュエーション向けではないとはいえ、レーサーで培った走りの確かさは継承されている。上のグレードに比べてターゲットの速度域は低めという印象で、良い意味で中級者にちょうど扱いやすいバイクになっていると思う。

松尾 そうですね。それでもトップチューブを中心に芯のある加速感と身のこなしができるので、グレードを下げたカーボンを使っているとはいえキビキビ走ります。上りでは重量をそれなりに感じましたが、芯がしっかりしているのでパワーをかければ応えますし、下りの安定感は高いです。

米山 グランフォンド向けには大事な要素だよね。あとは、完成車のアッセンブルは、105をメーンにしているものの、若干安価なパーツも使われているので、使っていくなかでアップグレードしていきたい。

松尾 ええ。ラザKは見た目も質感もとても良いので、このままでも楽しめますが、さらに磨けますね。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクピナレロ(PINARELLO)のロードバイク

20~30万円 バイクインプレッション ピナレロ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載