title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<18>歴史のなかで自然と人が作った風景 トルコは魅力溢れる“文明の交差点”

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
トルコ・カッパドキアの風景は、違う惑星に迷い込んだように感じられた Photo: Gaku HIRUMAトルコ・カッパドキアの風景は、違う惑星に迷い込んだように感じられた Photo: Gaku HIRUMA

【2014年2月中旬~5月中旬】トルコ イスタンブール

 “文明の交差点”と言われるだけあり、この旅では知らず知らずのうちに何度もトルコを訪れることになった。

滞在中に何度も足を運んだブルーモスク Photo: Gaku HIRUMA滞在中に何度も足を運んだブルーモスク Photo: Gaku HIRUMA

 世界的な観光地がひしめくトルコは、魅力に溢れていた。歴史的なイスタンブールではブルーモスクを目指して走り、古代ローマ遺跡群やエーゲ海沿いのヨーロッパのような街並みを眺めた。カッパドキア地区では自然と人が作り上げた、想像をはるかに超える風景に圧倒された。そこをゆったりと自転車で走り抜けていくのはこの上ない幸せだ。

 そしてトルコの田舎は、素朴で観光地以上に美しかった。親日家の彼らはいつも僕らを招き入れてくれたし、チャイを振る舞われては、言葉が通じなくても笑顔が溢れた。

 山奥の小さい質素な村にも、可愛らしくも立派なモスクが必ずあった。モザイクのタイルにステンドグラス。礼拝の時間を告げるアザーンが心地良く鳴り響き、敷き詰められた絨毯の上でゴロリと横になる。脇道にテントを張ると、たくさんのヤギがテントの脇を抜けていく。

素朴で温かいトルコの日常 Photo: Gaku HIRUMA素朴で温かいトルコの日常 Photo: Gaku HIRUMA
コンヤで出会ったお気に入りのピデ屋(トルコ風ピザ) Photo: Gaku HIRUMAコンヤで出会ったお気に入りのピデ屋(トルコ風ピザ) Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載