【Teamユキヤ通信】新城幸也は6時間に及ぶ手術が成功 折れた左大腿骨に30cm超のボルト埋め込む

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツアー・オブ・カタールでの落車で左大腿骨を骨折した新城幸也(ランプレ・メリダ)は2月13日、カタールの病院で手術を受け、成功した。

 手術は現地時間の朝から予定されていたが、大幅に遅れて午後2時に手術室に入った。左大腿骨の折れた部分をつなぐ長さ30cm超のボルトを縦に通し、それを支えるためのボルトを上下に通すという、計3本を埋め込む大掛かりな手術で、6時間に及んだ。

​ボルトで骨折部分をつないだ新城幸也の左脚のレントゲン写真(Teamユキヤ提供) ボルトで骨折部分をつないだ新城幸也の左脚のレントゲン写真(Teamユキヤ提供)

 その後、新城は術後の痛みで1時間ごとに目が覚めるという辛い夜を過ごしたが、しっかりとした口調で話ができている。食欲も回復し、14日朝は事故後はじめて食事を口にするなど、術後の経過は順調のようだ(痛み以外は)。

痛みに歯を食いしばりながらリハビリを開始した新城幸也(Teamユキヤ提供)痛みに歯を食いしばりながらリハビリを開始した新城幸也(Teamユキヤ提供)

 プロスポーツ選手ということもあり、担当のドクターは手術から24時間も経っていない新城に、「積極的に脚を動かしなさい」と指示。左脚に力を入れる練習や、つかまり立ちに挑戦させた。新城は痛み止めが効かないほどの激痛に、気を失いかけるような場面もあった。

 しかし、「うぅわっ〜」と叫びながらも、ほんのわずかな時間、両足でつかまり立ちをすることができた。今後しばらくは、こうした壮絶なリハビリとの戦いとなりそうだ。

 病院からは16日に退院許可が出ており、新城はすぐに帰国して、国立科学医療センターなどで治療とリハビリに専念する予定になっている。

 病室ではSNSに届いたたくさんのメッセージに一つひとつ目を通しながら過ごしている。ファンからのメッセージはもちろん、バラバラになってしまった前所属チーム(チーム ヨーロッパカー)の元チームメイトやスタッフたちから次々に届くメッセージも嬉しかったという新城。どのチームに行っても、切っても切れない仲間だと感じたそうだ。

 新城は多くのファンや関係者に助けられ、励まされ、心は折れずに、再起に向けて少しずつ進み始めた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載