都心で繰り広げられる本格レース寒さを吹き飛ばしてオフロードを快走 「シクロクロス東京2016」お台場海浜公園で開幕

  • 一覧

 東京都心で2日間にわたって開かれる本格オフロードレース「シクロクロス東京2016」が2月13日午前、東京・お台場海浜公園で開幕した。初日は晴天に恵まれ、絶好のコンディションに。選手たちは高層ビルやレインボーブリッジを背景に、砂を蹴散らし、森を駆け抜けてスピードとテクニックを競い合っている。

冬のオフロードレースの祭典「シクロクロス東京」が開幕した =2016年2月13日、東京・お台場海浜公園 Photo: Yoshiyuki KOZUKE冬のオフロードレースの祭典「シクロクロス東京」が開幕した =2016年2月13日、東京・お台場海浜公園 Photo: Yoshiyuki KOZUKE

かつてない厳しいコース

 初日はC1~C4とCL2、マスターズ、ジュニアといったアマチュアカテゴリーのレースが行われる。2日目の14日は、キッズとエンデューロ、スポンサーレース、そして女子トップカテゴリーのCL1、プロ選手が集うエリート男子が予定されている。

東京都心のビル群を背景に砂浜を疾走する選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE東京都心のビル群を背景に砂浜を疾走する選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 大会はC4のレースで開幕。今年のコースは例年と逆回りとなり、お台場名物の砂浜の部分が延長されるなど、かつてない厳しいレイアウトとなっている。一方でギャラリーの動線はしっかり確保され、移動しながらたくさんの観戦ポイントを楽しむことができる。

苦しい中で笑顔を見せる選手も Photo: Yoshiyuki KOZUKE苦しい中で笑顔を見せる選手も Photo: Yoshiyuki KOZUKE

観戦者も楽しめる“お祭り広場”

フライオーバー(立体交差)を高速で駆け降りる選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKEフライオーバー(立体交差)を高速で駆け降りる選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 会場内には、日差しがまぶしい海岸の砂浜から、木々が立ち並ぶ林間コース、そしてシケイン(障害物)やフライオーバー(立体交差)など、さまざまな見どころが連続している。

 また多数の出展ブースが建ち並び、最新のスポーツバイクの展示や、ビール、フードなどの販売が行われて、観戦者も存分に楽しめる“お祭りの広場”となっている。

会場では大勢のサイクリストがレースを観戦 Photo: Yoshiyuki KOZUKE会場では大勢のサイクリストがレースを観戦 Photo: Yoshiyuki KOZUKE
朝から大勢のシクロクロッサーとファンらが詰めかけた Photo: Yoshiyuki KOZUKE朝から大勢のシクロクロッサーとファンらが詰めかけた Photo: Yoshiyuki KOZUKE

 初日の13日のレースは午後4時40分ごろまで行われる予定。14日は最初のレースが午前8時30分に始まり、女子のトップ選手が走るCL1クラスは午後0時45分から、エリート男子は午後1時40分から行われる。

→ 「シクロクロス東京」をとことん楽しむ観戦ガイド 

シケイン(障害物)を越える選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKEシケイン(障害物)を越える選手たち Photo: Yoshiyuki KOZUKE

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載