【Teamユキヤ通信】ツアー・オブ・カタール新城幸也の調子は上向き 初レースのランプレ・メリダに「すっかり馴染んでます」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 新城幸也参戦している5日間のステージレース「ツアー・オブ・カタール」は、2月12日に最終日を迎える。大会4日目を終え、ここまで新城は落車に巻き込まれることもなく、トップと45秒差の総合80位と順調に調子を上げてきている。

​スタート前、厳しい表情でシューズを履く新城幸也 Photo: Cor Vos スタート前、厳しい表情でシューズを履く新城幸也 Photo: Cor Vos

 9日の第2ステージは、今年10月に行われる世界選手権のコースを使用し、「プレ世界選手権」の位置付けで開催された。
 
新城はゴール前までエースのサーシャ・モドロ(イタリア)を引き上げる働きを見せていたが、ゴール直前に突然現れた中央分離帯が原因で起きた落車の影響で、足止め。トップと同タイム扱いだったが、集団から遅れて104位でのゴールとなった。

 10日の第3ステージは11kmの個人タイムトライアル(TT)。新城には大会のオフィシャルカメラが付くなど、周囲の注目も集まった。距離が短いこともあり、リラックスして臨んだ新城だが、強風に苦戦し、トップと1分52秒差の94位で終えた。

第3ステージ個人タイムトライアルで力走する新城幸也 Photo: Cor Vos第3ステージ個人タイムトライアルで力走する新城幸也 Photo: Cor Vos

 11日の第4ステージはゴール前までエースのモドロを引き上げ、11位でゴールさせるアシストを見せた。自らもメーン集団内の38位でゴールし、総合順位も前日の96位から80位へ上昇した。

 ランプレ・メリダで初のレースに挑んでいる新城は、大会最終日を前に「リズムを掴めてきて、調子も良い。チームの雰囲気も良く、もうすっかりチームに馴染んでいます」と手ごたえを語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・オブ・カタール2016 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載