バイクインプレッション2016「TREK ÉMONDA SL6」 独特の軽快感を備えた深遠のオールラウンダー

  • 一覧

 アメリカの総合スポーツバイクブランド、トレックのロードバイクは、マドン、ドマーネ、エモンダの3つのシリーズからなる。それぞれに特徴のあるなかで、今回試乗したのは、軽量かつバランスの取れた走行性能を提供するエモンダのミドルグレード「エモンダSL6」。上位モデルの性能を継承し、シマノ・アルテグラを装備した実戦的な一台だ。

TREK ÉMONDA SL6(トレック エモンダ SL6) Photo: Masami SATOUTREK ÉMONDA SL6(トレック エモンダ SL6) Photo: Masami SATOU

TREK ÉMONDA SL6(トレック エモンダ SL6)
価格:380,000円(完成車、税抜)
サイズ:44、47、50、52、54、56、58、60、62、64
カラー:Matte Trek Black/Gloss Trek Black、Goldenage
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.co.jp/

スペック

フレーム:Ultralight 500 Series OCLV Carbon
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:ボントレガー・レース チューブレスレディ
重量:7.30kg(完成車実測値)

トレックは上から被せて固定する独自構造の、シートマストを採用する。適正な縦剛性による快適性と軽量化に貢献。トップチューブのシート側やシートステーは平たい形状 Photo: Masami SATOUトレックは上から被せて固定する独自構造の、シートマストを採用する。適正な縦剛性による快適性と軽量化に貢献。トップチューブのシート側やシートステーは平たい形状 Photo: Masami SATOU
E2ヘッドチューブは下側へと広がるテーパー形状。カラーリングは、マットブラックの車体に光沢のあるブラックでロゴが入っている Photo: Masami SATOUE2ヘッドチューブは下側へと広がるテーパー形状。カラーリングは、マットブラックの車体に光沢のあるブラックでロゴが入っている Photo: Masami SATOU
ネットモールディング性能によって、カップレスのBB90やヘッドチューブを高い精度で実現。素材は軽さと強度、剛性のバランスが良い500シリーズOCLVカーボンを採用 Photo: Masami SATOUネットモールディング性能によって、カップレスのBB90やヘッドチューブを高い精度で実現。素材は軽さと強度、剛性のバランスが良い500シリーズOCLVカーボンを採用 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 このエモンダSL6も、以前試乗したアルミのエモンダALR5も、共通した乗り味を感じることができました。

米山 アルミのエモンダも良かったよね。エモンダSL6の外観はほぼトップモデルのエモンダSLXと共通しているし、カラーリングもハイエンドモデルと並べて見劣りしない仕上がり。比類なき軽量性をアピールしてデビューしたこのシリーズも、登場から2シーズンを経て、単に軽量モデルというより、名実ともにトレックのロードバイクのスタンダードになった。

松尾 ええ。大きな特長としては、振りの軽さで、車体重量もさることながら、乗ってみるとそれ以上の軽さを体感できます。ダンシング時、フロントフォークが良い意味で存在が薄く、浮いているような感覚で進んでいきました。

米山 同感。雲に乗って飛んでいるような乗り味が特徴的で、ダンシングが軽快だ。

松尾 独特なので、逆に言うと“頼りなさ”を感じるかもしれませんが、フロントタイヤはしっかりと地面に接地しているので足元をすくわれることはないでしょう。この感覚に慣れてさえしまえば、気持ち良くライドできます。リヤのトラクションも良いので、ダッシュやスプリントでも活躍できそうですね。

米山 そうだね。他のブランドと比べても、走行性能はど真ん中をいくモデルだと思う。超スタンダードというか、最新のロードバイクの性能を語る上で指針になる。

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 はい。総合的にはオールラウンダーの性格で、どのシチュエーションにもマッチすると思います。そこにフロント周りの独特の感覚があるので、じつは噛めば噛むほど味が出るバイクです。

米山 操作性はカッチリとしたタイプではないので、そこは好みが分かれる部分かもね。あと、シート集合部が横に張り出しているので、内股気味にペダリングする人は少々気になるかも。

松尾 安定性も備えているのですが、乗り始めには感じづらいかもしれませんね。慣れてくると楽しさがあります。上りはヒラヒラと軽やかですし、下りではフロント荷重なのでフロント周りのバランスが整って走りやすかったです。慣れてからが本領発揮できるはずなので、もし試すことがあればじっくり乗って良さを体感してほしいと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク

30~50万円 カーボン トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載