【Teamユキヤ通信】ツアー・オブ・カタール 第1ステージカタール初体験の新城幸也、波乱のレースに驚き 「とにかく無事に走りきらなくちゃ」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 2月8日に中東・カタールで開幕したツアー・オブ・カタールに、新城幸也(ランプレ・メリダ)が初出場している。第1ステージのレースは、カタール半島を西から東に横断する形でコースをとる平坦の176kmで、カタールならではの吹き付ける横風の中、21人の先頭集団が形成されるまで、1時間以上アタック合戦が繰り広げられた。

アタック合戦が続く集団。写真右上に新城の姿も確認できる Photo: Cor Vosアタック合戦が続く集団。写真右上に新城の姿も確認できる Photo: Cor Vos

 先頭集団にはチームのエーススプリンター、サーシャ・モドロ(イタリア)が入ったが、新城は横風と度重なる落車に足止めを余儀なくされ、メーン集団に取り残された。逃げ続けた先頭グループのゴールスプリントでエースのモドロが2位に入り、新城は落車を回避し11分53秒遅れのメーン集団の中、105位でゴールした。

 しかし、新城と同じく新加入で初レースだったマティ・モホリッチ(スロバキア)が落車に巻き込まれ、肘を骨折するけがを負うなど、チームにとっては波乱の幕開けとなった。

チームプレゼンテーションに登場したランプレ・メリダ。新城幸也(左端)も壇上に Photo: Cor Vosチームプレゼンテーションに登場したランプレ・メリダ。新城幸也(左端)も壇上に Photo: Cor Vos

 レース後の新城は、次のように感想を語った。

 「あんなに怖いレースだとは思わなかった…。道には大きな岩があったり、路面も危ないところもあるし、横風を回避するために選手たちの動きも無理をするから、とにかく落車が多かった。自分も後ろから突っ込まれて、タイヤが足に当たって擦過傷ができていた。いい走りをするためには、とにかく無事に走りきらなくちゃ何もできないからね」

 第2ステージは、ドーハ郊外をスタートする、135kmのレースとなる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・オブ・カタール2016 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載