ヨーロッパ初戦を最高の結果で飾るイタリアのワンデーレースでNIPPOのボーレが今季初勝利 山本元喜が逃げて貢献

  • 一覧

 イタリア中部ティレニア海沿いのドロラティコを拠点に2月7日に開催された「G.P.コスタ・デリ・エトルスキ」(UCIヨーロッパツアー1.1)で、NIPPO・ヴィーニファンティーニのグレガ・ボーレ(スロベニア)が少人数のスプリントを制して優勝した。NIPPOでは山本元喜が序盤から果敢に逃げるなど、素晴らしいチームワークを発揮してエースの勝利を掴みとった。(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)

11人に絞られたスプリントで先頭でゴールラインを越えるグレガ・ボーレ © Bettini11人に絞られたスプリントで先頭でゴールラインを越えるグレガ・ボーレ © Bettini

有力11選手によるスプリント勝負

 イタリアのレースカレンダー初戦に位置するG.P.コスタ・デリ・エトルスキは、イタリアに本格的なシーズンの幕開けを告げるレースで、NIPPO・ヴィーニファンティーニにとってもヨーロッパでの今季初戦となった。

 レースは小雨や冷たい風に見舞われ、厳しい寒さのなかでスタートした。序盤からアタックが繰り返されたが、その中から山本元喜ら3選手が先行し、後続から最大で11分半ほどのタイム差を稼いだ。190.6kmのレースで、残り約60kmを切ると山本が先頭集団から脱落。残りの2選手もその後しばらく先行したが、有力選手に絞られた集団に飲み込まれた。

レース中盤、山本元喜を含む3選手が集団から大きくリードを奪う © Bettiniレース中盤、山本元喜を含む3選手が集団から大きくリードを奪う © Bettini

 終盤は、勝利を狙う鋭いアタックが連続。残り10km地点に設置された山岳ポイントを越え、ゴールラインのあるドロラティコの街に下ると、11選手によるスプリントの展開となった。そして、先頭でゴールラインを越えたのは、ボーレ。1年ぶりにNIPPO・ヴィーニファンティーニに帰ってきたエースが、チームにとって待望の今季初勝利を挙げた。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場メンバー

山本元喜
グレガ・ボーレ(スロベニア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
エドワルド・グロス(ルーマニア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャンフランコ・ジリオーリ(イタリア)
アントニオ・ヴィオラ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ

◼︎大会公式サイト

G.P.コスタ・デリ・エトルスキ2016の表彰台 © BettiniG.P.コスタ・デリ・エトルスキ2016の表彰台 © Bettini

◼︎グレガ・ボーレのコメント
チームメート全員に感謝したい。チームメートのおかげで、自分が動かないといけないときまで、つまり残り1kmを切るまで、脚を溜めることができ、勝利が決まるラスト300mでは最高のパフォーマンスを発揮することができた。彼らは、いつ、どうやって助けたらいいのか、とてもよく理解してくれていた。この勝利をとても嬉しく思っているし、勝利の喜びをチームメートたちと共有できることもまた嬉しく思う。

◼︎山本元喜のコメント
チームの勝利を知ったときは、かなり嬉しかったです。チームオーダーはいつもどおり『逃げに乗れるようにアタックに反応すること』『逃げに乗れれば脚を温存しながら走るように』『逃げに乗れなければチームリーダーのグレガの側にいるように』という内容でした。
逃げが決まるまではアタックが掛かり続け、最終的に15人以上の飛び出しをランプレが潰した後のカウンターアタックで決まりました。まず、ガスプロム・ルスヴェロとバルディアーニが飛び出し、そこに自分が後乗りで追い付いた形です。
逃げているときは、指示どおりに脚を温存して走ろうとしていたのですが、横風がかなり強かったこともあり、後ろに入っているときにも上手く休むことができず、途中で千切れてしまいました。
チームには申し訳なく思いましたが、去年のこのレースでNIPPO・ヴィーニファンティーニは誰も逃げに送り込むことができず、集団を引くことになり、半分以上の選手がかなり消耗してしまっていました。そのことを思えば、今年は自分が集団に追いつかれたラスト2周手前では自分以外の全員が集団に残っており、先頭を引いていた様子もなかったので、千切れてしまったとはいえ、他の選手を温存するという面で逃げに乗ったことに意味があったと感じられました。
今後の抱負は、今まで目標としていた『本場ヨーロッパでの逃げに乗る』ということが達成できたので、これからは逃げに乗った上で、最後まで絶対に千切れずに、チャンスがあれば逃げ切りを狙っていきたいです。
山本元喜ブログ Genki一杯(詳細なレースレポートも)

ヘラルド・サンツアーで小石祐馬が山岳賞総合3位

 また2月7日まで5日間の日程でオーストラリアで開催されていたヘラルド・サンツアー(UCIオセアニアツアー2.1)では、第2ステージに小石祐馬が逃げ、山岳ポイントを獲得。最終日を終えて、クリス・フルーム(イギリス、チーム スカイ)が山岳賞を獲得したが、小石が山岳賞で3位となった。

ヘラルドサンツアー、第2ステージで逃げる小石祐馬 © Con Chronisヘラルドサンツアー、第2ステージで逃げる小石祐馬 © Con Chronis

◇      ◇

 チームの次戦は、2月14日にイタリアで開催されるトロフェオ・ライグエリア(UCIヨーロッパツアー1.HC)で、山本元喜が2月8日からの合宿を経て出場する予定。ヨーロッパでのレースが続き、アジアツアーの初戦は3月6日からのツール・ド・台湾(2.1)。また、窪木一茂は日本ナショナルチームとして、3月2日から6日までイギリス・ロンドンで開催されるUCIトラック世界選手権に出場予定だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載