初心者も参加しやすい“マイルドシクロ”「シクロクロス千葉」C1は武井亨介、CL1は武田和佳が優勝 千葉県選手権は重田兼吾が連覇

  • 一覧

 東京近郊の大都市で開かれる本格的なシクロクロス大会「シクロクロス千葉」が2月7日、千葉市のオートランド千葉で開催された。メーンレースとなった男子のトップカテゴリー、C1では武井亨介(FORZA・YONEX)が独走で優勝。C1と併催された「千葉県選手権」は重田兼吾(Team CUORE / 順天堂大学)が優勝した。会場には参加者だけでなく観戦者も多く来場して賑わった。

トップカテゴリーのC1がスタート Photo: Shusaku MATSUOトップカテゴリーのC1がスタート Photo: Shusaku MATSUO

コンパクトなコース 乾いて滑りやすい路面

会場の千葉オートランドは多くの来場者で賑わった Photo: Shusaku MATSUO会場の千葉オートランドは多くの来場者で賑わった Photo: Shusaku MATSUO

 シクロクロス千葉は「マイルドシクロ」をコンセプトに掲げ、初心者でも参加しやすいよう難易度を抑えていることが特徴。約800mとコンパクトなコースで、速い選手は1周2分ほどで周回。高低差は少ないが、砂利や砂の区間が多く、快晴の会場には砂埃が舞った。乾いた路面は滑りやすく、選手たちはマッドコンディションとは異なるテクニックを要求されるレースとなった。

メーカーの出展ブースや飲食ブースが立ち並んだ Photo: Shusaku MATSUOメーカーの出展ブースや飲食ブースが立ち並んだ Photo: Shusaku MATSUO
乾いた路面はトラクションがかかりづらく、滑りやすいコースコンディションとなった Photo: Shusaku MATSUO乾いた路面はトラクションがかかりづらく、滑りやすいコースコンディションとなった Photo: Shusaku MATSUO

 メーンレースのC1は13時にスタート。最前列から飛び出した武井がそのまま抜け出して独走を続け、後続に差をつけて余裕の表情で優勝を飾った。武井は表彰式で「短い周回コースだったので全員ラップ(1周遅れ)を目指したが、かなわなくて残念。千葉車連(県自転車競技連盟)にはこうした大会を通じて(自転車レースの)普及を頑張ってほしい」とコメントした。

独走で優勝した武井亨介 Photo: Shusaku MATSUO独走で優勝した武井亨介 Photo: Shusaku MATSUO

 C1のレースと同時に開催された千葉県選手権には、県内の有力選手が参戦。武井に続いて2位ででゴールした重田が千葉県勢トップとなり、2年連続で千葉県シクロクロスチャンピオンの座に輝いた。重田はレース後、「(県選手権)優勝を狙っていた。今後も千葉県でシクロクロスのレース開催を願い、出場していきたい」と地元選手としての抱負を述べた。

C1の表彰。(左から)C1で2位の重田兼吾(Team CUORE / 順天堂大学)、優勝した武井亨介(FORZA・YONEX)、3位の斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT) Photo: Shusaku MATSUOC1の表彰。(左から)C1で2位の重田兼吾(Team CUORE / 順天堂大学)、優勝した武井亨介(FORZA・YONEX)、3位の斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT) Photo: Shusaku MATSUO
千葉県選手権の表彰。左から2位の森久(club-pk)、優勝の重田兼吾(TeamCUORE / 順天堂大学)、3位の佐藤英夫(オンザロード) Photo: Shusaku MATSUO千葉県選手権の表彰。左から2位の森久(club-pk)、優勝の重田兼吾(TeamCUORE / 順天堂大学)、3位の佐藤英夫(オンザロード) Photo: Shusaku MATSUO

世界選に出場した與那嶺恵理、織田聖も参戦

CL1でトップを守りきって優勝した武田和佳 Photo: Shusaku MATSUOCL1でトップを守りきって優勝した武田和佳 Photo: Shusaku MATSUO

 17歳以上の女子トップ選手により争われたCL1カテゴリーには、前週にUCI(世界自転車競技連合)シクロクロス世界選手権2016へ出場した與那嶺恵理(FORZA・YONEX)が参戦。武田和佳(Liv)と同一周回で争ったが、最終的に武田が20秒のリード奪って優勝した。また、男子ジュニアのナショナルチャンピオンジャージを着る織田聖(Above Bike Store Cycle Club)はC2に参戦。2位に1分以上の差をつけて勝利を飾った。

CL1クラスの表彰。左から與那嶺恵理(FORZA・YONEX)、1位の武田和佳(Liv)、3位の赤松綾(...& Bicycle CC) Photo: Shusaku MATSUOCL1クラスの表彰。左から與那嶺恵理(FORZA・YONEX)、1位の武田和佳(Liv)、3位の赤松綾(...& Bicycle CC) Photo: Shusaku MATSUO
C2の表彰。左から2位の細矢太樹(内房レーシングクラブ)、優勝した織田聖(Above Bike Store Cycle Club)、3位の間藤清仁(NCC CEREZO) Photo: Shusaku MATSUOC2の表彰。左から2位の細矢太樹(内房レーシングクラブ)、優勝した織田聖(Above Bike Store Cycle Club)、3位の間藤清仁(NCC CEREZO) Photo: Shusaku MATSUO

 シクロクロス千葉実行委員会の横溝直樹氏は「千葉を自転車で盛り上げられるように、今後も地元と協力してシクロクロスやクリテリウムなどのイベントを開催していきたい」と語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載