ランキング発表やレース開催も継続小中学生版も発足 女子ロードレースチーム「レディーゴージャパン」が2016年体制発表

  • 一覧
2016年のレディーゴージャパン選手。(上段左より)吉岡梨紗、高橋吹歌、須藤むつみ、(下段左より)小沼美由紀、伊藤千紘、岡田香織 Photo: Satoru KATO2016年のレディーゴージャパン選手。(上段左より)吉岡梨紗、高橋吹歌、須藤むつみ、(下段左より)小沼美由紀、伊藤千紘、岡田香織 Photo: Satoru KATO

 女子自転車ロードレースチーム「Ready Go JAPAN」(レディーゴージャパン)が、設立8年目となる2016年シーズンのチーム体制を発表した。選手5人、プレーイングコーチ1人の6人体制で活動。さらに、今季より小中学生女子を中心とした「ミニReady Go JAPANチーム」を新規発足させる。

 昨年の10人体制から、少数精鋭体制に舵を切る。全日本マスターズ選手権トラックレースの2km個人追抜で2連覇を達成した小沼美由紀や、須藤むつみプレーイングコーチら計4選手が継続して所属。加えて、昨年8月のトライアウトで合格したテスト生2人が4月より正選手に昇格する。

 チームは日本初のUCI(世界自転車競技連合)公認自転車女子チームとなることと、2020年の東京五輪の代表選手輩出を目標に、競技活動と育成強化に取り組んでいく。

 またチームの運営法人「NPO法人J-BRAIN」は、競技活動と並行して、昨シーズンに開始した女子ロードレースの独自ランキング「風の女神ランキング」や、千葉県成田市での主催レース「RGJチーム杯ウイメンロードレース」の開催にも引き続き取り組む。

2016年・Ready Go JAPANチーム所属選手

・小沼美由紀(埼玉県・45歳)
・伊藤千紘(埼玉県・33歳)
・高橋吹歌(埼玉県・16歳)
・須藤むつみ(千葉県・47歳)※プレーイングコーチ

2016年3月末までテスト生として所属
・吉岡梨紗(埼玉県・20歳):学連チームとして学習院大学自転車部にも所属
・岡田香織(埼玉県・40歳)

(年齢は2016年12月31日時点)

のびのび楽しむジュニア版チーム

 新たにスタートする「ミニReady Go JAPANチーム」は、中学生以下の選手を集めたジュニア版チーム。自転車好きな仲間を作りながら、のびのびと自転車レースに参加し、また自転車教室で勉強を続けて、自転車競技やサイクリング文化の未来の発展へとつなげてもらう。メンバーは後日発表される。

■ミニReady Go JAPANチーム 概要
・中学生までの選手で自転車が大好きであること
・できればレース出場の経験があること(ロードレース、MTB、シクロクロスなど問わない)
・女子をメーンとするが、男子の所属もOK。ただし、女子選手のみレース成績が優秀で本人が希望すれば、RGJチームにトライアウト免除で加入できる
・どこでも元気に挨拶し、笑顔で仲良く、チーム選手たちと助け合って行動すること
※指定チームウェアなどの必要備品、遠征費用などは各自負担

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載