J SPORTSオンデマンドで無料LIVE配信史上最長の砂浜が勝負のポイント 歴代王者が集結する「シクロクロス東京」見どころを紹介

  • 一覧

 国内最大級のシクロクロスイベントとして、都心からアクセスのいい東京・お台場海浜公園で2月13、14日に開催される「シクロクロス東京」。5回目を迎える今年は、砂浜エリアが“大会史上最長”になり、レース展開を大きく左右しそうだ。大会2日目に争われる注目のメーンレース、エリート男子は、大会初のレース中継としてスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」の動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」で無料LIVE配信される。歴代優勝者が勢ぞろいする海外招待選手や、国内招待選手らの顔ぶれと、レースの見どころを紹介する。

砂浜が代名詞のシクロクロス東京。エリート男子は国内外の招待選手らがハイレベルなレースを展開する(シクロクロス東京2013) Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji砂浜が代名詞のシクロクロス東京。エリート男子は国内外の招待選手らがハイレベルなレースを展開する(シクロクロス東京2013) Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji

今年は『逆回り』

 お台場海浜公園の特設コースは、砂浜、舗装路、木々に囲まれた未舗装路で構成される。レイアウトは毎年異なるが、今年は「逆回り」という大きな変更点があり、反時計回りだった周回コースが時計回りになった。

2016年の「シクロクロス東京」コースマップ2016年の「シクロクロス東京」コースマップ

 昨年の砂浜エリアは、舗装路や未舗装路をはさんで2セクションに分かれていたが、今回は2つのエリアが統合され、砂浜の長さが大会史上最長になっている。また、昨年は連続する180度コーナーが多く設けられていたため、プロ選手でもバイクから降りて担がなければならない場面が多かったが、細かな折り返しはなくなった。

 直線となだらかなカーブの砂浜エリアだが、とにかく距離が長い。テクニックに優れ、うまく走れる選手は乗車している時間が長くなりそうだが、自転車を担いで走る選手にとっては、長く厳しい道のりになるだろう。

3連覇を狙うマクドナルド

2014年に初優勝を飾ったザック・マクドナルド(シクロクロス東京2014) Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji2014年に初優勝を飾ったザック・マクドナルド(シクロクロス東京2014) Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji

 第5回を迎える今年は、歴代の全優勝者を含む5選手が海外から参戦する。第3回から2連覇中のザック・マクドナルド(アメリカ、Streamline Insurance Services)は昨年、観客の素晴らしさや立地のよさから「世界中で走ってきて、このレースが一番いいレース」とシクロクロス東京を賞賛。相性のいいレースで3連覇を狙う。

 その前に立ちふさがるのは、第2回を制したジェレミー・パワーズ(アメリカ、ASPIRE RACING)。2015-16シーズンのUCIランキング8位につける世界的なトップレーサーだ。今年1月に開催された全米シクロクロス選手権では優勝を飾り、全米3連覇という肩書きを引っさげて3年ぶりに参戦する。

世界でトップクラスの実力をもつジェレミー・パワーズ(シクロクロスワールドカップ第4戦 =2015年12月20日、ベルギー・ナミュール) Photo: Yuzuru SUNADA世界でトップクラスの実力をもつジェレミー・パワーズ(シクロクロスワールドカップ第4戦 =2015年12月20日、ベルギー・ナミュール) Photo: Yuzuru SUNADA
砂での走りに定評のあるベン・バーデン(シクロクロス東京2015) Photo: Ikki YONEYAMA砂での走りに定評のあるベン・バーデン(シクロクロス東京2015) Photo: Ikki YONEYAMA

 初代王者のベン・バーデン(ベルギー、W-cup)は40歳のベテラン選手。3年ぶりに出場した昨年大会では2位に入っている。2014年の全米シクロクロス選手権シングルスピードの王者という経歴をもつティム・アレン(アメリカ、FEEDBACK SPORTS)も昨年に続く出場で、さらにギャリー・ミルバーン(オーストラリア、Trek Australia Athlete)が初参戦する。

竹之内、小坂ら国内選手にもチャンス

 国内招待選手は、2015年12月の全日本シクロクロス選手権で5連覇を達成した竹之内悠(Toyo Frame)と、3位で表彰台に立った小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)の2人。ともに、1月31日にベルギーのヒュースデン=ゾルダーで開催されたUCIシクロクロス世界選手権の男子エリートに出場した日本代表選手だ。

全日本シクロクロス選手権で優勝し5連覇中の竹之内悠 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA全日本シクロクロス選手権で優勝し5連覇中の竹之内悠 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA
全日本シクロクロス選手権では3位だった小坂光 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA全日本シクロクロス選手権では3位だった小坂光 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA

 大会を運営するチャンピオンシステムジャパンの棈木(あべき)亮二社長は、「砂浜での差が大きくなるかどうか」が勝負のポイントになるとみている。「安定した高い実力のあるパワーズに対し、砂浜を得意とするマクドナルドやバーデンが拮抗するのか、離されるのか。日本勢の走りも見どころ。表彰台に上がるチャンスがある」と男子エリートのレース展開を予想した。

2013年大会でティム・ジョンソン(アメリカ)を追う竹之内悠。このような砂浜での激しい争いが見られそうだ Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji2013年大会でティム・ジョンソン(アメリカ)を追う竹之内悠。このような砂浜での激しい争いが見られそうだ Photo: CX TOKYO / Kei Tsuji
全日本シクロクロス選手権エリート女子を制した坂口聖香 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA全日本シクロクロス選手権エリート女子を制した坂口聖香 =2015年12月6日、長野県飯山市 Photo: Ikki YONEYAMA

 また、女子の最高カテゴリーであるCL1には全日本シクロクロス選手権のエリート女子で優勝した坂口聖香(パナソニックレディース)、2位の宮内佐季子(Club La. sista Offroad Team)、3位の興那嶺恵理(FORZA YONEX)が出場し、ナショナルチャンピオンの座を争った3人が再びバトルを繰り広げる。

全国どこでもレース展開をチェック

LIVE配信を視聴すれば、目まぐるしいレース展開をリアルタイムでチェックできる(シクロクロス東京2015) Photo: Ikki YONEYAMALIVE配信を視聴すれば、目まぐるしいレース展開をリアルタイムでチェックできる(シクロクロス東京2015) Photo: Ikki YONEYAMA

 J SPORTSオンデマンドは2月14日のエリート男子のレースを、コース内の選手を常に見られるカメラワークで撮影。手に汗握るレースがリアルタイムで配信される。会場に来ることができない全国のファンがレースを楽しめるだけでなく、会場内の観客にとっても、レース展開をチェックしながら応援できるサービスとして大いに活躍しそうだ。

 LIVE配信の時間は午後1時40分~3時30分で、J SPORTSオンデマンドの無料会員登録をすればスマートフォンやタブレット、パソコンで視聴できる。レース後に視聴できる見逃し配信は有料サービスとなり、サイクルロードレースパック(月額1800円)か、さまざまなジャンルのスポーツを視聴できる総合パック(月額2400円)に契約すればいつでも視聴可能だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載