次の写真へ 拡大する

砂田弓弦の風を追うファインダー<8>“大バカ大賞”だった2000年のツール取材 とっさのトラブル対応もプロの技量

2016/02/22 06:00更新

1998年のフェスティナ事件。チームのクルマから大量の禁止薬物が警察によって発見され、捜査はレースを走っている選手にまで及んだ。これに抗議した選手たちはストライキとリタイアの対抗措置をとった。このスキャンダルにより、翌年のツールから一気にスポンサーが撤退した Photo: Yuzuru SUNADA
  • 一覧